自動処理を人の力でフォロー

Revit(レビット)では、平面図で壁を移動すれば断面図にもその結果が反映されるようになっています。

だから修正モレが少なくなり、信頼度の高い図面を構築していくことが出来る、という部分が強力なメリットです。

ただし、壁芯とか文字などは3D要素ではない為、どのビューで壁を移動しても連動して動くことはありません。

ここまでは今まで説明してきた話で、ではそれを実際の業務で使う場合、どうすれば効率良くなるのか。

このあたりの話が今回のテーマになってきます。

CADとして、Revit(レビット)をどの程度使いこなして、実務を効率良くこなしていく。

これは今後もずっと出てくる話で、どんなCADにも当てはまる永遠のテーマと言えるんじゃないかな。

今回はその中で、特に図面の整合を取るためにどんな作業をすれば良いのかについて考えてみたいと思います。


■Revit(レビット)のユーザビリティ

CADは実務で使いこなしてこそ役に立つソフトですから、ユーザビリティが非常に重要な要素となります。

ユーザビリティとか難しそうな言葉で格好つけてしまいましたが、まあ要するにどれだけ使いやすいか、ですね。

ユーザビリティを考慮しないCADは、数あるCADとの競争に打ち勝つことは出来ず、いずれ淘汰されるはず。

Revit(レビット)がどれほど理想的な概念を持っているCADであっても、それは例外ではありません。

まあこれは私がCADユーザーの目線で書いているから、なおさらそう感じるのだとは思います。

もちろんCADを販売している企業の規模とか、どれだけお金をかけて宣伝をしているかなど、使い勝手以外の要素がある事も理解していますが……

それでも、便利で使いやすいCADがユーザーに支持されて普及する、という部分も大きいんじゃないかと思ってます。

とんでもなく不便なCADが「これが今のスタンダードです」みたいになったら、ユーザーとしてはイヤですよね。

そういう残念な状態にならないように、Revit(レビット)にはとっても期待をしています。

また話が逸れてしまったので元に戻しますね。

 

■Revit(レビット)がもつ便利な機能

完全には連動しないとは言っても、3D要素である壁については、どのビューで移動しても全てのビューで連動するようになっています。

これは実際にやってみると分かりますが、結構便利な機能なんです。

ただし完璧ではないというだけで、それをCADの機能でフォローしていけば良いだけの話です。

ここで考えられる選択肢は、私が思いつく限りは2通りあります。

1 壁芯は連動しないものと割りきって、手動でフォローしていく

2 壁芯も壁と連動するような仕組みをユーザー側で考える

3つ目の選択肢として「Revit(レビット)の機能が強化されるのを待つ」というのもありそうですが……

今現在そういう機能はないので、Revit(レビット)がより便利になることを期待しつつ、現状に対応していくしかありません。

私が今までRevit(レビット)を使ってきた中では、選択肢1でやることが多かったですね。

まずはRevit(レビット)がどんな動きをするのか掴んでおき、CADがやってくれない部分は自分でフォローする。

これが私の基本的なスタンスです。

もちろん自動で処理してくれるのは便利だし、そうした機能に助けられることも多いんですけどね。

でも、自動的な処理に頼りすぎない、というのも大事なことです。

あまりにも自動処理を信用しない、というのも頭が固すぎですから、自動処理と手動のバランスが大事じゃないかな。

壁と壁芯を連動させる為に、Revit(レビット)で自動処理させるのか、ある程度手動でやっていくのか。

話が長くてなかなか具体的な例に進めませんが、次回はそれらの実例を出してみたいと思います。

 

このページの先頭へ