自動処理を使う場合の注意点

Revit(レビット)では、平面図上で壁を移動すると、断面図でも連動して壁を移動処理してくれます。

ただし壁芯などの図面的な要素については、3D情報を持っていないこともあって、特に移動処理をしてくれません。

だからダメで使えない……

という話ではなくて、そうした特徴を持っていることをまずは知っておいた方が良い、という話でした。

それを具体的にどうするか、という話が長くなってしまい、なかなか先に進まない状態になっていましたが……

今回はようやく具体的な操作方法について書くことが出来ます。

前回も書いた通り、私が思いつくやり方は以下の2通り。

1 壁芯は連動しないものと割りきって、手動でフォローしていく

2 壁芯も壁と連動するような仕組みをユーザー側で考える

どちらがより効率が良い方法なのか、という判断はCADを使うユーザーによって少しずつ違うと思います。

もちろん2通りの手段を紹介した後で、私としてはどちらが好みかの意見も一応書くつもりです。

だけど結局大事なのは「自分ならどうするか」なので、それを考えながら読んで頂ければ嬉しいです。


■壁芯のみ手動で移動させる

3Dモデル要素である壁や梁などを移動させても、壁芯や梁芯は移動されないことが前提なので、自分で移動させる。

これが今回紹介する操作のスタンスになります。

こうして書いてしまうと「そんな事は当たり前じゃないのか」ということになりますが、まあその通りです。

だけど当たり前のことをきちんと実行していくことも大事なので、まずはオーソドックスなやり方から紹介していきます。

以前平面図上で壁を移動した例を挙げて、断面図でも壁が移動されるけど、壁芯だけがついてこない状態を紹介しました。

それがこの図面ですね。

 

壁と壁芯が離れている状態

 

ちょっと悲しい状態になってます。

Revit(レビット)が自動的に壁を移動してくれる、というのは事実ですけど、現実はこうなる訳です。

そして当然の結果として、Revit(レビット)が全てやってくれるはず、と思っていると不満が出ることに……

あまり自動とは言い難い結果ですから、そうした不満が出ても仕方がないのではないか、とも思います。

この図面を見せられたら、大抵の人は「何だこれ」と思い、それなりに書いてある他の部分も疑いの目で見るようになるはずです。

それが図面の信頼感ですから、これ以外の部分は大丈夫ですよ、と言っても信用されない状態になります。

まあ良いことはひとつもないですね。

 

■自動処理に任せきりにしない

上記したような図面を描くのはプロとしての評価に関わるので、それを限りなくゼロにするような努力が必要です。

そうなると、Revit(レビット)が自動でやってくれる結果をそのままにしておくことは出来ません。

Revit(レビット)が自動で処理したからこんな状態なんです、という話には何の説得力もありませんから。

何度か書いている気もしますが、CADという存在は、あくまでも図面を描く人が使う道具なんです。

だから道具には拘りがあっても良いと思うし、出来るだけ使いやすい道具を求めるのも良いと思います。

ただし図面を描くことを仕事にしているプロならば、図面の結果を道具のせいにしてはいけません。

そういう意味では、Revit(レビット)が自動処理をしてくれた状態でそのままチェックしない、というのはNG。

ある程度までRevit(レビット)がやって、あとは自分でフォローする、という方針でやるしかない訳です。

 

このページの先頭へ