位置合わせ機能で壁芯を移動

平面図の壁を移動した場合、断面図の壁も移動してくれるけど、モデル要素ではない壁芯がそのままになってしまう。

こうしたRevit(レビット)の概念が良いか悪いかはともかく、図面としての体裁をちゃんとしなくては。

今回はその処理を具体的にどうすれば良いか、という話をします。

本当のところを言えば、平面上で壁と壁芯を移動した際に、断面図でも壁と壁芯を連動してくれれば理想的。

……なんですけど、現状のRevit(レビット)がそうなっていない以上、CADを操作する人間の手でフォローするしかありません。

あんまりCAD側で何もかもが出来るようになると、CADを操作する人の価値が低くなってしまう気がします。

だから、ある程度の作業は人がやっても良いんじゃないかな……と私は思っていますが、いかがでしょうか。


■ベターな方法を選ぶしかない

今回の例で言えば、壁芯は壁についてこない事が分かっているので、壁を動かした後すかさず壁芯を移動する。

そうすれば当面の問題は解決ですよね。

もちろん、これはあくまでも「とりあえず」の解決方法であり、根本的な解決とは言えない手段です。

でも、根本的な解決をする為に大きな手間がかかるようであれば、当面の解決方法として簡単なやり方を選ぶのもアリのはず。

現実的に業務をこなしていくことを求められるプロですから、理想的な話をするだけではダメなんです。

ベストのやり方を議論するよりも、今現在出来るベターを選んで進んで行くしかない場合が多い、という感じです。

まあ実際にはそんなにカッコイイ話ではなくて、「こっちの方がまだマシか……」みたいな世界ですけど。

ということで、ここではRevit(レビット)の機能のひとつである「位置合わせ」を使って壁芯を移動させます。

コマンドはここにあります。

 

位置合わせコマンドのアイコン

 

ちなみにこの「位置合わせ」という機能、使ってみると分かりますが、非常に使い勝手の良いコマンドです。

AutoCAD(オートキャド)にもこういう機能があれば良いのに、と思ってしまう数少ないコマンドでもあります。

「数少ない」というあたりが悲しいですけど、AutoCAD(オートキャド)と比べるとCADとしてのキャリアが違うので仕方がないですね。

 

■位置合わせコマンドを使って

まずは「位置合わせ」コマンドを実行すると、作図した要素を選択する状態になります。

ここで、まずは「この要素と位置を合わせたい」という、合わせる相手を先に選択してあげます。

今回の場合は、壁芯を壁の中心線に合わせたい訳ですから、まずは壁の中心線を選択することになります。

ただし壁の近くまでカーソルを持って行っても、壁全体が反応してしまい、なかなか壁の中心線を選択することが出来ない状態です。

でも、壁の上にカーソルがある状態で「Tab」キーを押すと、選択できる要素が入れ替わってくれます

「Tab」キーを何度か繰り返し押せば、壁の中心線を選択することが出来るはずです。

こんな感じに。

 

壁芯を選択した状態

 

位置合わせ先を選択すると、今度はどの要素を位置合わせするのかを選択する状態になるので、今度は壁芯を選択します。

この状態では、位置合わせする先が緑色の点線で表示されるので、移動先がどこかが分かりやすいはず。

 

壁芯を選択する直前

 

この状態で壁芯を選択すると、壁芯の一点鎖線が、壁の中心線にあわせて移動処理されました。

 

位置合わせの完了

 

この時寸法が自動的に変更されましたが、これもRevit(レビット)の大きな特徴です。

ただし寸法が持っている特徴については、嬉しい時もあるけれど、困る場合も結構あったりするんです。

図面と寸法は切っても切れない縁があるので、これは別のカテゴリでじっくりと書いていくことにします。

 

このページの先頭へ