壁の中心と壁芯をセットに

平面図で移動した壁が断面図でも移動されるけど、断面図の壁芯だけは個別に移動させる必要がある。

そんな状況でつかうRevit(レビット)の機能として、結構便利な「位置合わせ」コマンドを実際に使ってみました。

前回の例では単純に線が平行移動されただけなので、あまり便利な機能に感じなかったかも知れませんが……

でも、実際には角度が全然違う線にも位置を合わせてくれる、非常に使い勝手の良い機能なんです。

この機能については今すぐ詳しく説明したいところなんですけど、今話をしているのは「どうやって壁の移動に壁芯を整合させるか」。

ここで位置合わせコマンドの詳細について説明をしてしまうと、話が脱線して戻ってこない気がするので、残念ですがまたの機会にします。

手動で壁を移動するやり方はシンプルで分かりやすいので、あまり規模が大きくない物件では手軽で良いんじゃないかと思います。

今回は壁芯を壁に合わせる為の方法として、もう少しRevit(レビット)の機能を活用したやり方を紹介します。


■壁の中心と壁芯の関係

自動的に移動してくれる壁に対して壁芯をどう整合させていけば良いのか、以前は2つの案を出してみました。

1 壁芯は連動しないものと割りきって、手動でフォローしていく

2 壁芯も壁と連動するような仕組みをユーザー側で考える

そして、1のやり方については前回「位置合わせ」コマンドを利用した手軽な方法を紹介した訳です。

なかなか位置合わせ機能は良いですよ、という話もついでに出ましたが、まあ便利なコマンドだから少しは推しても良いですよね。

ただし。

確かにこれはシンプルなやり方で、位置合わせコマンドも便利で良いんですけど、人間がやることには抜けがあるというのも事実。

少なくとも私は、自分がやる仕事の全てが完璧で抜けがない、などと言うつもりは全然ありません。

あんまり力を込めて言う話ではないね、これは。

もちろんそのレベルを目指してはいますけど、それがどんなに難しいことなのかも知っているつもりです。

だから、そういう完璧さを求めるのなら、そういう業務が得意なCADに任せる方が良い場合もあると思ってます。

ということで今回は、CADとしてRevit(レビット)が自動でやってくれるような仕組みを考えてみることにします。

 

■結局は位置合わせ

CAD側で自動的に処理してくれる機能があると、間違いなく抜けがないのでチェック手間が減る、という強力なメリットがあります。

せっかくRevit(レビット)という便利なCADを使っているのだから、持っている機能は使いこなしたいですよね。

ということで、間違いなく壁と壁芯をセットとする為に、Revit(レビット)側でどんな処理をすれば良いのかというと……

結局は「位置合わせ」コマンドを使うことになるんです。

手動で位置合わせコマンドを使うやり方に対し、一体どんなやり方があるのか、という話だったので、ちょっとおかしな話ですよね。

でも実際の操作としては、やっぱりまずは位置合わせコマンドを使うことになるんです。

前回位置合わせコマンドを紹介した際に、壁の中心線と壁芯の位置を合わせる操作をした画面がこちら。

 

位置合わせを行った直後

 

ここで見て頂きたいのが、何か南京錠みたいなマークが表示されている、という部分です。

上記画像では南京錠が開いている状態ですよね。

この「鍵が開いている状態」というのが通常の状態ですけど、その南京錠をきちんとロックしたらどうなるでしょうか。

この「南京錠をロックする操作」が、壁の中心線と壁芯の線分をセットにしておく為の機能なんです。

南京錠をロックした場合、具体的にどういった状態になるのかは、次回に詳しく説明しますね。

 

このページの先頭へ