壁と壁芯をロックする方法

Revit(レビット)の位置合わせ機能を使い、2つの要素を位置合わせした際に出てくる南京錠マーク。

最初は南京錠が開いていますが、その南京錠をロックすることによって、2つの要素をガッチリと固定することが出来ます。

固定する訳ですから、どちらかが移動した際には、もう一方の要素も一緒に移動されるようになる。

この考え方が、Revit(レビット)の持っている機能である「ロック」の概要になります。

これは今後Revit(レビット)を語る上で避けては通れない「ファミリ」を構築する際にも、必要となる機能です。

ファミリの概要とか使い方などについては、もう少し後でじっくりと書いていくつもりです。

「後で書きます」という項目が増えている気もしますけど、地道に書いていけばそのうちにある程度は説明が出来るんじゃないかな。

ロック機能は非常に便利な機能なので、あまり難しく考えないで便利な機能は使っていこうというスタンスで良いと思います。


■理想に近づく操作

ロックを利用すれば、今まで書いてきた「平面図の壁を移動すれば断面図の壁も移動してくれる」という話が実現出来ます。

もう少し具体的に書くと、自動的に連動して整合を取ってくれる壁と、自動的に動いてくれない壁芯をロックで一体化しておく、ということです。

そうすれば、自動的に整合を取ってくれる壁と一緒に壁芯も移動してくれて、結果として整合性を保つことが可能。

前回紹介した、手動で壁芯を移動させる状態と比べると、少しだけ理想的な状態に近づいた気がしませんか?

ただ問題は、そういう理想的な状態に持っていく為にどれだけの労力がかかるか、という話ですね。

膨大な手間をかけて理想的な状態に近づけていくのも、CADの操作を追求する意味では良いと思います。

しかしこれはあくまでも仕事ですから、かける手間に対してどれだけのりターンがあるのかも重要なんです。

と言うことで、具体的にはどんな作業になるのか、実際にRevit(レビット)で操作をして試してみることにしましょう。

 

■位置合わせの後で

前回は位置合わせ機能を使い、壁と壁芯の位置を合わせる操作を紹介しましたが、処理が終わった後でこのような南京錠マークが出てきました。

 

ロック前の状況

 

この状態では、まだ鍵がオープンになったままですから、ロックはかかっていない状態であることが分かります。

だから当然の結果として、壁をもう一度移動してしまうと壁芯はついて来ないでそのまま置き去りに。

そうなると、また壁芯を移動する作業が発生する訳です。

これは言うまでもないことですけど、同じような修正を何度も繰り返し行うのは面倒で、非効率的な作業ですよね。

そうした地道な作業を確実にこなしていくことも仕事のひとつだ、という意見もあるとは思います。

でも、以前も書いた気がしますが人間のやることには抜けがあるので、出来るだけRevit(レビット)に頼りたい。

その方がミスが少なくなるし作業効率が良くなる、というやり方があるのなら、そのやり方を採用する価値はありますよね。

少なくとも私はそんな考え方で仕事をしています。

とまあ少し大げさな話になってしまいましたけど……

そもそもの話として、壁芯というのは壁の中心から動かない方が良い、と思う場合も結構あるんじゃないかと思います。

そういう場合には、壁と壁芯の関係を固定する方が良いので、ここで表示される南京錠マークをクリックしてロックを掛けます。

操作は本当に簡単で、表示される南京錠をクリックして、表示がロックされた状態になることを確認するだけ。

南京錠マークをクリックすると、こんな状態になります。

 

ロック後の状況

 

これでロックの処理が完了したので、この状態で壁だけを移動したらどうなるか、次回は実際に試してみましょう。

 

このページの先頭へ