どちらの選択肢を選ぶのか

いくら理想的な機能を持っているCADであっても、実際の仕事で不便だったらあまり使えないソフトとしか言えない。

前回はそんな内容の話をして、微妙に話の趣旨から脱線したあたりで終わってしまいました。

話の括りを大きくしてしまった場合、具体的な話になかなか進みにくいという傾向がありますね。

具体的過ぎる話を続けすぎても、延々と細かい話が続くだけになってしまうので、それも分かりにくい気がします。

こういう説明を分かりやすく、なおかつ簡潔に進めていくのはなかなか難しいものですね。

文書を構成する力量の不足を感じつつ書いていますが、急に備わるような能力でもないので、今はこれで頑張るしかありません。

そんな話はさておき、今回はもう少し具体的な内容について書いていくことが出来ればと思っています。


■少しでも効率よく

今回は「図面の整合性を自動でやってくれます」という機能についてクローズアップしていきます。

もう少し具体的に書くと、壁と壁芯をロックすることによって、壁芯も平面図と断面図とで整合されるという話です。

この理想的な機能を使いこなすには、実際の仕事をしていく中で、どの程度の労力が必要なのか……

という話で、あまりにもかかる労力が多ければ、わざわざ壁と壁芯をロックする必要もない、という意見もあります。

それを比較してみて、今現在の条件ではどちらがよりベターに近い方法なのかを考えてみる、という話です。

ただ、こうした「実務としてどれだけ効率良く出来るか」というテーマは、様々な機能について考える際にも出て来ます。

だから恐らく今後も何度となく出る話じゃないかと思ってます。

これは非常に便利そうな機能だけど、実際に効率良く作業をすすめることが出来るのか、というような話が。

こういう細かい話を突き詰めていくことで、CADのプロは他の人よりも素早く図面を描くことが出来る訳です。

地道な話ですけど、その積み重ねが大事なんですね。

 

■どちらの選択肢を選ぶか

平面図に記入されている壁を移動すれば、断面図に記入してある壁も移動されるけれど、壁芯などについてはどう考えれば良いか。

今回のテーマはそんな内容ですから、この場合で言えば以下の様な選択肢が選べるんじゃないかと思います。

1.壁は自動的に連動してくれるけれど、壁芯は手動だと割り切る

2.壁と壁芯を全てロックして、壁と同じく連動する状態にする

これらの操作をする際に、Revit(レビット)で具体的にどんな操作をすれば良いのかは、今まで色々と説明をしてきました。

私の個人的な意見では、基本的な考え方としては「2」が良いような気がしています。

ただ、それを実現する為に膨大な手間がかかる場合はどうか、というのが問題になってきます。

このあたりが、理想的な概念を実現する操作と、実際の業務でそれが実現出来るのかという話ですね。

操作の手間が大きく変わらないようであれば、そもそも壁と壁芯はある程度セットになるものなので、連動したほうが良い。

これは間違いのない事実ですけど、それを実現する為に大きな手間がかかる場合はそこまでやらなくても、という意見が出てきます。

だからここで重要になってくるのは「どれだけ簡単にロックの作業が出来るのか」という部分ではないかと思います。

壁と壁芯を個別に全てロックするのが大変すぎる場合は、あえてロックをかけないでおくという選択肢もありますから。

その場合は……

後から変更によって壁位置移動となった時に、改めて壁芯を個別に移動させる作業が必要になります。

ただし実際には、以前紹介したように、位置合わせコマンドを実行するだけで済む話です。

だから壁と壁芯が連動しなくても、それほど致命的な問題にはならないんですよね。

そんな中でどちらを選択するのか、という話を次回まとめてみます。

 

このページの先頭へ