ロック機能を使うかどうか

壁が自動的に移動してくれる機能に対して、壁芯をどのように処理しておくのが効率よい方法なのか。

前回はそんな話題を取り上げて、理想的な機能も大事だけど現実的に効率が良い操作も同じくらい大事だという話をしました。

Revit(レビット)が自動でやってくれるように準備するよりも、全部自分の手でやる方が早い場合もありますから。

ということで、今回はそのあたりの話をある程度まとめて、今現在の私の意見も書いておきたいと思います。


■ロック機能は便利だけど

Revit(レビット)が持っている「ロック」という機能は、CADユーザーにとってはなかなか魅力的な機能です。

自動的に整合を取ってくれる壁と壁芯をセットにしてくれるので、壁芯の動かし忘れがなくなるというメリットがあります。

一人のCADユーザーとして、こうした便利な機能を出来るだけ使っていきたいと思うのは当然のことです。

ただ、ロックをする為にはとりあえず「位置合わせ」コマンドを実行して、その後出てくる南京錠マークをクリックする必要があります。

手順としては割とシンプルではあるんですけど、これはこれで微妙に手間がかかる作業でもあるんです。

しかもその作業を全部の壁と壁芯でやるという……非常に地道な作業が必要なんです。

サンプルで用意したような、壁が数えるくらいしかない建物であれば、全部の壁と壁芯をロックするのは簡単です。

こんな感じに。

 

壁芯をロックした状況

 

ただ、壁がたくさんあるような物件になった場合、全ての壁と壁芯をロックするのはかなり大変になります。

そんなに文句ばかり言ってないで、地道な作業でもきちんとやれば良いじゃないか、という声が聞こえて来そうですが……

確かにその通りなんですけど、効率が悪い手順を改善しないまま「忙しい」と言うのはずるいですよね。

そういうのは忙しいふりをしてるだけじゃないか、と。

出来るだけ効率よい作業をする為には、「何かもっと楽なやり方はないか」というスタンスが大事だと思ってます。

 

■やりきれれば手動でも

後々変更があった場合に備えて、図面の整合性を保ってくれるように、先に手間のかかるロック作業をする。

こうしたやり方もアリだとは思いますけど、ちょっとやりすぎではないか、と私は思っています。

ロックは確かに便利な機能だけど、手間をかけてガチガチにロックをかけていくのは、あまりお勧め出来ません。

理由は先ほども書いたように、ロックを掛ける手間がそこそこあって手順として無視出来ない、という点。

それならば、ロックを掛けない状態にしておき「壁芯は壁移動についてこないから自分でやる」と思っていた方が早いです。

壁芯が連動しない代わりに、作図の手間が少なくなる。

掛ける手間に対する見返りを考えると、私の場合はどうしてもそのような考えになってしまいます。

まあこれは作図の手順とか物件の規模などで、結構変わってくる話だとは思っていますが……

このサイトでは、現状そんなやり方が良いんじゃないか、という結論を書いておくことにします。

変更した際に「位置合わせ」コマンドを使うので、その際ついでにロックを掛けておくという選択肢もありますが……

それをやると、壁にロックしている壁芯とロックしていない壁芯が混在することになり、かえって面倒になるかも知れません。

なので私は今のところ、自分でモデリングをして図面化をしている物件に関しては、壁と壁芯をロックしていません。

例えば壁が移動になった場合には、まず平面図で壁を移動して、それから断面図でも壁芯を移動する。

そんな原始的なやり方をしています。

このやり方で、何か致命的な問題があったとか。、恐ろしく面倒な状態になったとか、そういう話は今のところありません。

もちろん問題点がない訳ではないので、次回はそのあたりの話を具体的に挙げていこうと思ってます。

 

このページの先頭へ