CADユーザーによる違い

Revit(レビット)が持っているロックという機能は便利だけど、場合によってはロックを使わない選択肢も。

連動してくれる壁に壁芯をロックさせるのは便利だけど、手間が結構ある為あえてロックを使わない。

これは私の個人的な意見なので、完璧かどうかは全然自身がないですけど、前回はそんな内容の話をしました。

壁と壁芯はロックしていない、という前提で作図や修正をする必要がありますけど、それを知っておきさえすれば後は話が早いです。

もちろんこうした「CADで自動化しない」というやり方には、幾つかの問題が出てくる可能性があります。

「効率を重視してロックを使いません」とか、良い側面だけを紹介して話が終わるのはずるいですよね。

なので今回は、壁と壁芯をロックしないで作図する際に、どんな問題点があるかを考えてみたいと思います。


■データに微妙な違い

CADを使って図面を描いていると、作図する人の経験とかセンスによって、描き方が結構変わって来ます。

センスの違い、というと漠然としてしまいますけど、出来上がった図面はやっぱりかなり違うんです。

一定の水準を超えていれば、どのような描き方であっても全くの不正解ということはありません。

図面を見る人に、その図面が何を伝えたいのか、その主旨が伝わればそれでOKということです。

だから人によって描き方が違っても大丈夫、というか、描き方は絶対に違ってくるんです。

それが良いことだとか、そうではなく悪いことだとか言う話ではなくて、違う人が描けば違う図面になるという当たり前の話です。

また、出来上がった図面以上に違うのが、CADデータをどのように構築しているかという部分。

恐らくCADを使って図面を描く人の大半が「人が作ったCADデータを引き継ぐのはイヤだと思っているはず。

なぜかというと、自分が作っていないデータはやりにくいから。

少なくとも私はそう思っているし、私が描いた図面のデータを人に渡す時には「やりにくいだろうな……」と思います。

これはオートキャド(AutoCAD)だけではなく、3DCADであるRevit(レビット)にも同じことが言えるんです。

いや、むしろRevit(レビット)の方がもっと、そういうやりにくさを感じるかも知れません。

平面上に線を引いて図面を作図していく2DCADよりも、3DモデリングをするRevit(レビット)の方がデータ的には複雑ですから。

 

■人によって違うやり方

なんでこんなことを書いたのかというと……

前回のテーマだった「ロックを使うかどうか」も、作図する人によって意見が違う、ということを言いたかったんです。

Revit(レビット)を使う人のセンスによって、ロックを多用するのか全然使わないのかが変わってきます。

私はあまりロックを使わない、というだけの話で、ロックは便利だからどんどん使うという意見があるのも分かります。

図面のデータというのは自分一人だけが使うものではなく、色々な人と共有しながら造り上げていくもの。

だから、いくら私がここで「ロックを多用すると手間がかかるから……」とか書いても、そう思わない人にとっては非常に使いにくいデータなんです。

まあこれはロックだけの問題ではないですけど。

人によってデータの構築方針が少しずつ違うから、人が作ったデータはどうしても扱いにくくなるんです。

例えば、Revit(レビット)ではロックを多用する人が、私が作成したデータを見たら「何これ」ってなるはず。

こうした「作図方針では共通認識があまりない」という部分が、データのやりとりで問題になってくるんです。

ロックをあまり使わない場合の問題点としては、少し話が違うかも知れませんが、以下のような問題がある訳です。

・手動なので修正漏れが出る可能性がある

・ロックを多用する人にとってはやりにくいデータになる

どちらかのやり方が圧倒的に便利だったら「このやり方で行きましょう」ってなるんですけど、それがないと難しいですね。

 

このページの先頭へ