図面の整合性についてのまとめ

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをして、モデリングデータから平面図・断面図をなどの図面を利用していく。

これがRevit(レビット)を使う大まかな流れです。

3Dモデリングデータから平面図などを作成するから、平面図と断面図で壁などの動きが連動し、図面の整合性が保たれる。

これがこのカテゴリで書きたかったことでしたが……かなり長い話になってしまいました。

大体伝えたいことは書き終わったので、図面の整合性についてはこれでひとまず終わりにします。

もっとお伝えしたいことがたくさんあるのに、ひとつずつ書いているとなかなか終わりませんね。

Revit(レビット)の機能を一通りの説明するくらいは、なるべく早く終わらせたいです。

そうしないと、読んでいる方の役に立つ情報になりませんから。

整合性についての話は今回で終わりということで、今回は簡単なまとめをしてみたいと思います。


■特徴と問題と

Revit(レビット)では3Dで建物をモデリングしていて、それらを任意の切断面で図面として表現しています。

だから平面・断面などで表示される壁や柱は基本的に同じ要素で、移動や消去をすれば平面断面どちらにもその結果が反映されます。

Revit(レビット)を使って図面を作成すると、高い整合性が確保出来る理由はココにあります。

もちろんきちんとした3Dモデリングをすることが前提ですが、3DCADですからその作業は大前提なので、そこは問題ないはず。

ただし、「平面図と断面図で壁位置が連動します」というのは確かに魅力的な機能ですけど、問題点もあります。

連動するのはモデリング要素だけで、図面を構成する為に必要な文字などは連動しない、という問題が。

これは3DCADの仕組みを考えてみると、ごく当たり前の話ではあるんですけど、非常に大きなポイントです。

 

■解決方法

そんな特徴を持っているRevit(レビット)で、どのように図面の整合性を保つかには、幾つかの手段が考えられます。

・文字などは連動しないので手動でやる

・出来るだけRevit(レビット)でやる為、ロック機能を使う

私の個人的な意見としては、今現在の機能を考えると手動でやるのが良いんじゃないかと考えています。

ただ、どこまでRevit(レビット)に自動処理をしてもらうのか、というのはCADユーザーの裁量によって変わります。

ここで私が「ロック機能よりも手動がお勧め」と書くのも、そういうやり方のひとつにしか過ぎません。

まあこのようなことは、CADを使っている方に改めて言うような話ではなく、当たり前過ぎる話ですけど。

 

■結論

ということで……

Revit(レビット)を使えば高い整合性を持った図面を作成出来る、というのは、半分正解で半分不正解なんです。

壁と壁芯であればロック機能を使えばなんとか連動するけれど、室名などの文字は連動しないですから。

そこまでロックをかけて図面を描くのは手間がかかるので、あまりロックを使うメリットはないんじゃないかと思ってます。

ただ、だからと言って、3Dモデリング要素が連動する機能が無駄という訳ではないですよ。

3Dモデリング要素だけは確実に連動するというだけでも、図面をまとめる上でかなり重宝しますから。

壁芯と壁がずれている状態は目立つので、印刷してチェックをする際にすぐその部分が発見出来ます。

そういう分かりやすさがあるだけでも、Revit(レビット)の機能は全然無駄ではない。

そして、もう少しこの機能がCADとして洗練されればさらに使いやすくなるんじゃないか。

これが、実際にRevit(レビット)を使って図面をまとめてみた際に、私が感じた正直な感想です。

 

このページの先頭へ