BIM(ビム)の概要について

このカテゴリでは、BIM(ビム)の概念についてもう少し深く考えてみたいと思っています。

Revit(レビット)という3DCADを使い、BIM(ビム)という理想的な概念を実現してく。

これがスムーズに実現出来れば最高なんですけど、実現する為に解決しなければならない問題は結構あります。

問題のレベルは、CADの操作的な話から建築業界の成り立ちに関するものまで様々です。

そうした深い問題をこのサイトで書いても、それが直接解決に向かう訳ではないんですけど……

建築業界でRevit(レビット)に関わるユーザーとして、とりあえず解決すべき問題をまとめて置きたいと考えています。

今後どのようにBIM(ビム)という概念が進化していくのかは、ここで挙げる問題をどのように解決していくかにかかってる。

そんな思いを持ってます。

Revit(レビット)には、CADとしての機能もそうですが、その概念も含めてもっともっと進化して欲しい。

仕事でRevit(レビット)に関わる一人のプロとして、そんな期待を込めつつ色々と書いていきます。


■BIM(ビム)の基本的な概念

今まで何度も書いてきたかも知れませんが、まずはBIM(ビム)についての基本的な考え方を最初に書いておきます。

本当に基本的な部分だけですけど、最初としてはそれで充分なので、簡単ではありますが少しだけ。

BIM(ビム)というのは、アルファベット3文字とか4文字の言葉が大抵そうであるように、ある言葉の頭文字をまとめたものです。

ある言葉とは……

B:Building(建物)

I:Information(情報)

M:Modeling(モデリング=立体物形成)

という単語の組み合わせになります。

そのまま日本語に訳してみると、大体「情報を持った立体的な建物」という感じになるんじゃないかと思います。

この中で最も重要な単語は、「I」にあたる「情報」です。

これがなければ3DCADも意味がない、というくらいに重要な概念であり、最も問題が多い概念でもあります。

が、このあたりの話は追い追いしていきますね。

 

■すぐに普及する言葉

情報を持った立体的な建物……

ちょっと耳慣れない言葉かも知れませんけど、自分で使っている内に何となく馴染んでくるはずです。

個人的には、まだ完全にBIM(ビム)という言葉を理解して使いこなしている感じではないですけど。

それでもずっと使っていれば、わざわざ単語をひとつずつ訳して考えなくても、直感的に伝わる日が来ると思います。

かなり昔であれば、CADについても以下のような解説が必要な場合があったと記憶しています。

Computer(コンピュータ)

Aided(支援)

Design(設計)

でも今では大抵の場合、単純にCADという表現をすれば相手に通じます。

それと同じように、BIM(ビム)という言葉を「情報を持った立体的な建物」と解説しなくても済むようになると思ってます。

それもそう遠くない先に。

とは言っても、自分が使っている言葉の意味を知らないのも困るので、くどいようですが解説をしてみました。

まずは基本的すぎる話で終わってしまいましたが、次回はもう少し具体的な話をしていく予定です。

 

このページの先頭へ