情報を持っているという意味

前回は手始めにということで、BIM(ビム)という言葉の簡単な説明をしてみました。

建物が様々な情報を持った状態で、CADの空間内に立体的に作成されている、という感じですね。

この「情報を持った」というところが、BIM(ビム)という概念の最も肝心な部分なんです。

今はBIM(ビム)という言葉がある程度浸透している為、勘違いする方はそれほど多くないかも知れませんが……

少し前だと、単純に3DCADを使って建物を立体的に作成することがBIM(ビム)だと考える方が結構いました。

確かにBIM(ビム)の概念を実現するためには、3D空間上にモデリングをすることが前提条件になります。

しかしそれは最低条件でしかありません。

どれだけ細かく3Dモデリングした建物であっても、そのモデルに情報が入っていないければBIM(ビム)の概念を実現しているとは言えません。

これは初歩的な話ではありますが、割と勘違いしやすいことなので、最初に覚えてしまうことをお勧めします。


■CAD的な情報ではなく

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータが情報を持っている、というのは実際どういうことなのか。

という話をここで簡単にしてみたいと思います。

例えば建物を構成する壁の場合、3Dモデリングした際には当然厚さとか高さなどの情報を入力します。

基準となるレベルや壁の下端レベル、天端レベルなど、位置の基準がどこかなどの情報です。

 

Revit(レビット)が持っている情報

 

でもそうした情報がBIM(ビム)の概念でいう「情報」なのかというと、少し違うんですね。

なぜかというと、それは単純にCADとして処理をする為に必要な情報でしかないからです。

CADを使って図面を作成する際には、作成する図形に様々な情報が盛り込まれています。

単純に1本線を引いただけでも、線の開始点座標とか、終点座標とか、その線がどんな画層なのかなどの情報があります。

それはCAD側の都合で必要な情報だったり、CADユーザーが便利に活用する為での情報だったりと様々です。

しかしそれらの情報のほとんどは、BIM(ビム)の概念が指している「情報」ではありません。

ちょっとややこしい話かも知れませんけど……

 

■どんな情報を持っているか

理解すれば何の問題もありませんが、このあたりは少し悩んでしまう部分でもあるので、ここではもう少し具体的に説明します。

BIM(ビム)の「I」にあたり「情報」とは、建物を構成するために必要となる情報のことを指します。

建物を構成する為に必要な情報とは、もっと具体的に書くとどんな情報なのかというと……

・その壁がどんな材料で出来ているか

・仕上材のメーカーや価格など

・メーカーの連絡先など

・鉄骨の柱がどんな材料なのか

・鉄骨柱の体積(×比重で重量)

など、基本的には建物がどんな材料で構成されているか、というような情報を持っているということです。

「鉄骨の柱だから材料は鉄じゃないか」という大雑把な話ではなく、SN400BなのかSN400Cなのか、という細かい話です。

そうした、主に材料やメーカーなどの情報を持って3Dモデリングすることを、BIM(ビム)と呼ぶんです。

もちろんそうした情報を持っているだけではなく、情報を持っている壁がどの範囲に配置されるのかも必要です。

だから3DCADではなく、3DCADでモデリングをする必要がある、という話になってくる訳です。

CAD側が必要とするという理由で持っている情報とは、少しだけニュアンスが違う、というのは伝わったでしょうか。

 

このページの先頭へ