2DCADでBIMが出来ない理由

BIM(ビム)という言葉の中で最も重要な要素である「情報」とは、一体どのような情報を指すのか。

前回はそんな話を少し具体的にしてみました。

建物を構成する柱や壁など、それぞれのパーツがどのような材質で出来ているか、という情報を持っている。

これがBIM(ビム)という概念では重要で、CADを便利に活用する為に必要な情報とは少し違う、という話でした。

例えば画層などの情報を持っていたとしても、それは単純にCADの操作として必要な情報でしかありません。

まあ画層がないとCADとしては不便ですけど、建物を実際に構成している部材などとは関係ありません。

そういう意味では、線が画層などの情報を持っていてもBIM(ビム)とは意味が違うということになる訳です。

今回はそのあたりの話を踏まえ、BIM(ビム)の概念を実現する為にはなぜ3DCADが必要なのかについて書いてみます。


■3DCADが必須条件

BIM(ビム)の概念を実現するためには、3DCADを使うことがまずは前提条件となります。

3DCADを使うだけではBIM(ビム)とは言えない。

これは前回も書いた話ですけど、その逆パターンの「3DCADでなければBIM(ビム)ではない」は本当なんです。

3DCADを使うだけでBIM(ビム)とは言わないけど、BIM(ビム)を実現するには3DCADが必要。

少しややこしいですけど、そういうことです。

3DCADが必要だからつまり、2DCADでは絶対にBIM(ビム)を実現することが出来ない、ということですね。

ここが結構勘違いをされる要素でもあるので注意が必要です。

では、2DCADを使用した場合に、BIM(ビム)の考え方を実現することが難しいのはなぜでしょうか。

これは簡単に言ってしまえば、1つの要素で壁などの表現することが難しい、という理由があります。

2DCADでは、基本的に線や文字だけを使って図面を作成していく為、この要素が壁みたいなデータにはなりません。

ここが非常に重要なポイントなんです。

 

■2DCADでは難しい理由

もう少し具体的に書くと、2DCADで図面を作図する際には、平面図であれば柱とか壁を表現する為に線を引くことになります。

最低でも2本の線を引いて、壁の厚みがどの程度あるのかを表現する、というようなやり方が一般的です。

こんな感じの図面ですね。

 

2DCADでの壁表現

 

上図はALC壁を2本の線で表現していて、文字や寸法などを併用してさらに説明をしている状態です。

これは自分の手で図面を描いていた頃にとても近い感覚ではないか、と思いますがいかがでしょうか。

ただ、この状態は手描きに近い状態なだけあって、壁という要素に情報を入れ込む事が非常に難しいです。

それはなぜかというと……

壁と言っても、平面上に奥行きのない線が2本引いてあり、線がALCの表層を表しているだけですから。

もちろん図面としては問題ありませんが、立体的な建物を構築しているかというと、全然そんなことはありません。

CADの空間上には実際のALC壁が存在しない訳で、単純に図面上の表現で壁として見せているだけの話なんです。

だから当然のことですが、壁という属性をもった要素の情報を入れ込むことなど出来るはずもありません。

と言うことで、少しまとめると……

BIM(ビム)の重要な概念である「情報」を入れる為には、CAD上に配置する実体が必要です。

でも、2DCADは線と線の間を壁として表現している為、情報を入れる為の要素がそもそも存在しない訳です。

情報を入れることが出来ないということはつまり、2DCADではBIM(ビム)の考え方を実現することが出来ない、ということです。

 

このページの先頭へ