Revit(レビット)で壁を配置すると

2DCADで建物の図面を作図した場合、基本的には壁や柱の表現を全て線分で表現することになります。

だから壁と言っても、厚さなどの属性を持たない2本の線があるだけで、実際の壁がそこに存在する訳ではありません。

このシンプルな手描き感覚に近い作図手順こそが、2DCADの大切なメリットと言えるでしょう。

ただしそのシンプルさが、BIM(ビム)を実現する為に役立つかは非常に微妙な状態なんです。

BIM(ビム)の考え方では、配置した壁に材料などの情報を入れ込んでおく必要があります。

でも、2DCADではそもそも「壁」という要素がない為、情報を入れる相手が存在せず、BIM(ビム)の概念が成り立たちません。

BIM(ビム)の概念を実現する為には、2DCADのやり方では不十分、という話を前回はしてみました。

では、3DCADではどうなのか、という話を今回はしてみます。


■Revit(レビット)ではどうか

2DCADではBIM(ビム)が実現出来ない事が分かっているので、3DCADを使うしかない。

実際に壁を配置して確認した結論がコレです。

だからRevit(レビット)のような3DCADを使うことになる訳ですけど、実際にはどんな状態になるのでしょうか。

3DCADと2DCADで対比しないと分かりにくいので、Revit(レビット)でもALC壁を配置してみましょう。

 

Revit(レビット)でのALC壁

 

こんな感じで見た目は変わりませんが、実際に3Dビューで見ると、きちんと高さ情報をもった壁になっていることが分かります。

 

ALC壁の3Dビュー

 

まあここまでだったら単純な3DCADなんですけど、、Revit(レビット)ではこの壁に色々な情報を入れることが出来ます。

このあたりがRevit(レビット)の大きな特徴なんです。

 

■情報を持つという意味

先ほど配置したALC壁は、数量的な情報として、こんな感じの情報をそれぞれ保有しています。

 

ALC壁が持っている情報

 

まあALCですから実際には長さ1920なんてあり得なくて、標準は600巾なんですけど……

今回は例ということで、そのあたりの細かい話は気にしてません。

こうした数量的な情報に加えて、メーカーや販売店などの細かい情報も入れておくことが出来ます。

また、壁の体積が分かる訳ですから、ALC壁合計のボリュームも簡単に集計することが可能

実際にやってみると、こうして簡単に数量を把握出来るというのは、非常に助かる機能だったりします。

今回例に出したALCのように、決まったモジュールがある建材を真面目にそのサイズで入れるかどうか。

こうした図面の表現とモデリングのやり方など、考える面白そうな話題は結構あります。

ただ、今回の主旨はそこではないので、そのあたりの話はいずれ取り上げてみたいと思っています。

今回は、2DCADで表現する壁とRevit(レビット)で表現する壁の違いがメインテーマです。

Revit(レビット)で配置される壁がどんな状態になるのか、というのは伝わったでしょうか。

この違いを踏まえて、次回以降は実際に設計をする際の流れがどのように変わってくるかについて考えてみたいと思います。

 

このページの先頭へ