2DCADで設計する際の流れ

Revit(レビット)が持っている機能を活用して、BIM(ビム)の考え方を実現していく。

これがRevit(レビット)を使うメリットであり、最終的な目的でもあります。

BIM(ビム)の考え方って具体的にどんなことなのか……

例えば建物を構成する全ての部材を、材料などの情報を入れ込んだ状態で配置して、それをパースで利用するとか。

周辺の道路などに対して、建物を建てた後で風の影響がどの程度出るのかをシミュレーションするとか。

あるいは、その建物を建てる為にはどのくらいの材料が必要なのか、その為にはどの程度の金額が必要なのかを知るとか。

さらには、建物が完成した後の維持・運用でも利用することが出来れば、本当に理想的な話ではないかと思います。

最近は特に、建物が周辺の環境に与える影響が注目されています。

サステイナブルデザインという言葉を最近耳にしますが、環境を壊すことなく建物が持続して存在出来るような設計、というようなニュアンスです。
(サステイナブル=持続性)

そうした環境を配慮した建物の設計では、BIM(ビム)を使って設計をするメリットが大きいんじゃないかと思います。

こうした理想的な状況をRevit(レビット)で実現していく為には、今現在やっている業務との違いを知っておく必要があります。

今回からは、今まで2DCADで行なっていた業務がRevit(レビット)ではどのように変わるか、という点を考えてみます。


■2DCADの場合

最近はRevit(レビット)などの3DCADが少しずつ浸透してきたとは言え、まだ2DCADが主流です。

CADが手描きに取って代わった時と同じように、いずれ2DCADから3DCADへシフトしていくとは思います。

でも、今現在は色々な問題があって、完全に3DCADしかない状態にはならないでしょう。

CAD機能的な問題、コスト的な問題など、そう簡単に解決しないものが結構あるので、まだまだ2DCADは主流であり続けるんじゃないか。

少なくとも私はそう思ってます。

では、その2DCADを使って建物を設計して、その建物が完成するまでの大まかな手順はどんな感じなのか。

今回はそのあたりの話をしてみたいと思ってますが、一括りに2DCADと言っても、実際には様々な種類のCADがあります

オートキャド(AutoCAD)やJwCADが主流かな……それにベクターワークスもよく使われています。

それぞれのCADにはそれぞれ特徴を持っていて、得意な部分が違っていたり、まあ一部不便な部分がある訳です。

が、ここではそのあたりの細かい部分を気にしないで、建物が完成するまでの大まかな流れに今回は注目していきます。

目的はあくまでもRevit(レビット)を使った場合との比較で、2DCADでの違いは今回あまり重要ではないですから。

 

■基本設計の大まかな流れ

まず、何もないところに建物を建てる場合には、当然その敷地に適した建物の計画をすることになります。

どんな形状の建物にするか、構造は鉄骨造か鉄筋コンクリート造か、などの基本設計を進めていきます。

そして、その基本設計の沿った平面プランがある程度決まり、そのプランを2DCADで作図していく。

大雑把な流れはこんな感じになります。

この段階では変更もたくさんある、というか、まだプランがしっかりと固まっていない段階なので、調整がたくさん出てきます。

そうした理由から、作図する図面は1フロア全体がどのようなプランになるのかを示すシンプルな平面図になります。

今の段階で細かい平面図を作図すると、変更が発生した場合の図面修正作業が膨大になるので、整合を取り切る事ができません。

細かい図面はもう少し後で作図する理由はそこにあります。

そうした基本的な平面図に加えて、立面図や断面図、断面詳細図なども別の図面データとして作成していきます。

平面図・仕上表・立面図・断面図・矩計図など、建物の基本的な情報を記載している図面を「一般図」と呼ぶこともあります。

この一般図をまずはまとめていく、というのが最初の大きな流れですね。

 

このページの先頭へ