Revit(レビット)でまとめるメリット

Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際には、現実としてどのような問題点が発生するのか。

これを考える為に、まずは今まで2DCADで作図していた際はどうだったのかについて考えてきました。

Revit(レビット)になってどの程度便利になるのか、という話は、今までの現状を知らないと比較できませんから。

と言うことで……

2DCADで設計図をまとめる際には、膨大な図面がある中で、基本的には複数の人数での並行作業が発生します。

作図をしながら修正の検討をする場合も多く、作図が完了した時点でプランが少し古い可能性もある訳です。

それを最終的にきっちりまとめるのが設計者の役割なんですけど、時間的な制約の中で難しい場合もまた多い。

そうした理由から、様々な図面で不整合が存在する設計図が完成する、というのが2DCADを使った場合の問題点でした。

こうした3DCADの問題点が、3DCADであるRevit(レビット)によってどのように解決されるのか。

今回はそのあたりについて色々と考えてみたいと思います。


■3Dモデルの整合性

Revit(レビット)を使うメリットとして、平面図で壁を移動すれば断面図でも自動的に移動される、という特徴が挙げられます。

完全に図面ではありませんが、少なくとも壁などの3Dモデル要素は平面図でも断面図でも、3Dビューでも整合されます。

寸法などがそれに付随して移動されない場合がある、というのが大きな懸念事項ではありますが……

それでも、配置した3Dビューがきちんと整合されるというのは、やはり強力なメリットではないかと思います。

このような特徴を持つRevit(レビット)で設計図を作図すると、どのようなメリットがあるか。

これはもう考えるまでもない話で、図面の整合性が高いレベルで維持されるというメリットが挙げられるでしょう。

もちろん2DCADであっても、しっかりとチェックをしてまとめていけば、高い整合性をもった設計図が完成します。

基本的にCADというのはツールですから、ユーザーがどのように使いこなすのかの差が非常に大きいです。

プロであれば、設計図が不整合になってしまった理由として「2DCADは連動しないから」とは言えないはずです。

 

■結局はチェックが必要だけど

2DCADだから不整合になるのは当然、という話は出来ないのと全く逆、というパターンもあります。

Revit(レビット)で設計図をまとめるからと言って、何もチェックしないでも整合される訳ではない、ということ。

適当な仕事をしていたら良い設計図が出来上がらないのは、2DCADでも3DCADでも一緒なんです。

CADの機能として壁の位置が整合されるけれど、壁の移動に壁芯が付いてこない情けない図面が出来上がる訳です。

こうした図面は、出来上がった図面を全然チェックしないでいると、面白いくらい大量に出来上がります。

これは結構ありがちな話なので、プロとしてはしっかりと気をつけたい部分でもあります。

とは言っても、やはりRevit(レビット)の機能として、ある程度自動で整合を取ってくれるというのは助かります。

何もそうした機能がないよりも、CAD側できちんと処理してくれる機能があると、ユーザーには嬉しいことなんです。

最終的に人の目でチェックを入れる必要があることは確かではありますけど、その前段階をCADに頼る事ができますから。

そうしてある程度のレベルになっている上に、プロがきちんとチェックしてまとめていく、というのが理想じゃないかと思います。

 

■間違いなく便利な機能

そう考えると、やはり3Dモデルで整合を取ってくれるRevit(レビット)は、やはり優秀なツールと言えるのではないでしょうか。

Revit(レビット)では完全に自動で整合を取ってくれます、とは言えませんけど……

ある程度Revit(レビット)側でやってくれる、というくらいの認識でいると、結構便利に感じるはずです。

ということで、Revit(レビット)を使った際の大きなメリットとして、図面の不整合が解消しやすい点を今回は挙げてみました。

ただ、こうした整合性の代償もあるので、次回はそのあたりについて書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ