3Dモデリングだけでは足りない

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをすると、自動的にお互いの図面で整合を取ってくれます。

例えば平面図で壁を移動したら、断面図でも壁だけは移動してくれるとか、そうしたメリットを生かすと非常に便利。

というあたりの話を前回は取り上げてみました。

2DCADで設計図をまとめるのと比較すると、各図面の整合性という点から見れば、Revit(レビット)は優れたCADと言えるでしょう。

もちろん作図する人のスキルによって変わる部分があって、それが結構大きいことは承知してます。

でも、どちらが優れているかと言えば、やはりRevit(レビット)という結論になるんじゃないかな。

2DCADもRevit(レビット)も使ってきたユーザーである私は、そのような意見を持っています。

ただし、設計図で大事なのは何も「整合性」だけではありません

様々な要素を総合的に考えて、少しでも優れたツールを使う、というのが仕事の基本的な考え方ですよね。

整合性が優れたRevit(レビット)だから完璧、という訳ではないので、今回はそのあたりの話をしてみたいと思います。


■手間と時間と

Revit(レビット)を使うと三次元情報を持った建物の形状を、CADの空間内に作りこんでいくことが出来ます。

実際に建物を建てる前に、CAD内のバーチャル空間で実際に建物を建ててしまい、先に問題点を抽出しておく。

3Dモデリングをする目的はそのあたりにあって、実際にやってみるとかなりの効果があることが実感できます。

こうしたRevit(レビット)の強みを生かす為には、まず前提条件として3Dモデリングをする必要がある。

これがまずは大きな問題になってきます。

確かに3Dモデリングをすると分かりやすいし、材料の大まかなボリュームを出すことが出来たりして、利用価値は非常に高いです。

だけど、利用価値が高い分だけ、それを作成するのには結構な時間と手間がかかるんです。

人の手と時間が2DCADよりも余分にかかる……まあ簡単に言ってしまえば「お金がかかる」訳です。

もちろんこれは私の個人的な感想ですから、人によってはRevit(レビット)を使う方が省力化出来ると感じる場合もあるかも知れません。

でも、実際に使ってみた私としては、そんな感想なんですよね。

 

■モデリングと図面化

Revit(レビット)を使って設計図を作ろうとする際には、どのあたりに手間がかかるかというと……

3Dモデリングだけでは図面が出来上がらない為、別途で図面化が必要になってくる、というあたりですね。

好きな角度でパースを作成したり、建物を建てる際に必要な材料を拾い出したりする為には、当然3Dできちんと建物を表現する必要があります。

Revit(レビット)を使う場合には、この作業はもう必須という感じになってきます。

でも、建物を建てる際に必要な書類としては、Revit(レビット)のデータとして作成された3Dデータだけではダメなんです。

誰もがRevit(レビット)を開いてデータを確認出来る訳ではないので、「図面」という書類としてまとまっている必要がある。

まあこれは当たり前の話なんですけど、結構大きな話なんです。

Revit(レビット)を使って設計をする場合には、どのような作業の流れになるかを考えてみます。

1.まずはRevit(レビット)で3Dモデリング

2.その後モデリングデータを利用して図面を作図する

3.印刷して図面発行

このような流れになってくるはずです。

Revit(レビット)で設計をした場合、2DCADに比べて手間がかかるのは、以下の2点です。

・まずは「モデリング」の手間がかかる

・そこからさらに「図面化」が必要

この話は次回に続きます。

 

このページの先頭へ