2DCADとの比較を考える

Revit(レビット)を使って設計をした場合、3Dモデリングと図面化という大きな2つの流れがあります。

3Dモデリングしただけでは図面にはならないので、図面としてきちんとまとめていく必要がある訳です。

これらの手間を考えると、今まで使ってきた2DCADに比べると、どうしても時間と手間がかかる傾向にある。

というのが前回の話でした。

もちろん時間と手間を掛けて作成した3Dモデリングデータは、様々なシーンで活用されていくでしょう。

例えばパースを作成する為に利用されたり、大まかな数量を拾う為に利用されたりと、用途は様々です。

それを考えると、単純に設計図をまとめるという作業だけにフォーカスして比較するのはフェアじゃない。

そんな気がしてきます。

でも、そうしたRevit(レビット)の特徴を知っておくことも、使いこなす為には必要になってきます。

ということで、今回は設計図をまとめる際の、2DCADとRevit(レビット)の違いについて考えてみたいと思います。


■2DCADの場合

2DCADで設計図を作図する場合でも、壁とか柱とかを作図する作業は当然必要になってきます。

モデリングをする作業の代わりに、見えてくる情報をきちんと図面上に落とし込む作業が発生します。

だからRevit(レビット)ではモデリングをする手間が余計にかかる、と単純には言えないんですよね。

でもそれが必要なのは、あくまでもその図面で見えてくる部分だけ

図面を作図するにあたり、見えてこないから必要のない情報まで作図する必要ありません。

例えば平面図を作図する場合であれば、見えて来ない天井裏の梁とかを作図する必要はない、ということです。

どこで切断して、どちら側を見ている図面なのか。

これを考えつつ、切断されている部分とか見えている部分などを、図面を描く人の判断で作図していく。

そして見えない部分は基本的に作図せず、どうしても必要な場合に限って点線などで表現をすることになります。

これが2DCADの大きな作図の流れで、まあとてもシンプルで分かりやすい話ですよね。

当然の話ですけど、他の図面と自動的に整合はされません。

けれど、整合されないことを作図する側が認識出来ていれば、それで特に重大な問題にはならないでしょう。

 

■Revit(レビット)の場合

一方、Revit(レビット)で設計図をまとめていく場合には、どのような流れになるのかというと……

何度も書いている話ですが、まずは3Dモデリングという作業からスタートすることになります。

しかも、例え平面図では見えてこない部分であっても、しっかりと3Dモデリングをする必要がある

この違いは非常に大きいです。

Revit(レビット)で3Dモデリングをする場合には、まずは全てを3Dモデリングすることが基本になります。

今は平面図を描いていくだけでOK、という場合であっても、平面図には必要のない部材もモデリングする。

このあたりの余計な作業が、2DCADと比較すると、大きな手間になる部分だと言えるでしょう。

そうして作成した3Dモデリングデータを元にして、どの部分で切断してどちら側を見るのか、という設定をします。

そうすると、Revit(レビット)が断面線や見え掛かり線などを判断して、自動的に平断面や縦断面を作成してくれます。

この自動処理がRevit(レビット)の大きな特徴ですね。

2Dモデリングをしっかりやっておくと後が楽になる、というのは、Revit(レビット)のこうした機能を考慮して言われることなんです。

そうして切断されて見えてきた図形をベースとし、そこに寸法線や文字などを書き込んで、図面として完成させていく。

大まかな流れとしてはそんな感じになると思います。

 

このページの先頭へ