図面化をする際の問題点

Revit(レビット)で設計図をまとめる場合、図面を作図する作業の前に3Dモデリング作業が発生します。

きちんと3Dモデリング作業をやっておくと、後々まで利用価値があるデータになることは間違いありません。

これがRevit(レビット)の強力な武器だから、出来るだけきっちりとモデリングをしたいところです。

でも、プロジェクトを開始したばかりの忙しい時期に、3Dモデリングだけに専念するのが難しい場合も多いです。

どこまで最初に手間をかけて3Dモデリングをするのか。

これがRevit(レビット)を使って設計をする上で、割と重要なファクターになるような気がしています。

もちろん、理想的な話だけをすれば「最初にきちんとモデリングするのは当然のことではないか」ってなるんですけど。

でも実際の業務ではそれが難しくて、中途半端なモデリングデータになってしまうことも多いと思います。

私が圧倒的にRevit(レビット)を使いこなしていないだけで、もしかしたら他の方はきちんと活用している可能性もありますが……

まあその可能性には目をつぶっておきます。

今回は、3Dモデリングをした後で図面化をする際の問題点がどのあたりにあるのか、という話について色々と考えてみたいと思います。


■Revit(レビット)で設計をする際の問題点

先程も書いたように、どの程度まで3Dモデリングをするのか、というのは状況にや物件によって変わってくると思います。

図面を作図する為に必要な部分だけをモデリングする、という選択肢も場合によってはあるでしょう。

パースに必要な部分だけをモデリングする場合も多いかも知れません。

でもRevit(レビット)を使う以上、3Dモデリングから切断したビューを活用して、それを図面化していく流れは変わりません。

この流れの中で、実際の業務として問題になってくるのは、私の経験からくる感想では、以下のようなポイントです。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能がまだまだ足りない

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

まあちょっと厳しい意見なのかも知れないですけど、今まで使ってきた2DCADと比較した場合、このような感想を持ちました。

確かに3Dモデリングをきっちりとやっておくと、その後の図面化作業が楽になるとは思います。

でも、その図面化をする為にRevit(レビット)が用意している機能が、CADとしてはまだまだ……

これが今のRevit(レビット)が抱えている現実です。

 

■時間が解決するけれど

まあこのあたりの基本的な機能の話であれば、恐らくはバージョンが進んでいくにつれて解消していくことでしょう。

問題がありながらも少しずつ便利になっていき、最終的には実務に耐えられるレベルになっていく。

これはオートキャド(AutoCAD)をはじめとする2DCADでもそうだったので、同じような流れに間違いなくなるはずです。

だけど今現在は、そうした問題が結構大きなウエイトを占めている、という現実がある訳です。

そして実際にRevit(レビット)で設計をする際には、CADの機能的な問題が障害になっている。

もちろん新しいバージョンで機能が改善されるのを待つ、という選択肢もあるとは思います。

もう少し機能が充実したらRevit(レビット)を使ってみる、という考え方で、まあ合理的な考え方ですね。

でもここで問題になってくるのが、CADとして進歩していくスピードがあまり速くないという点ですね。

なにしろバージョンアップは1年に1回ですから。

新しいバージョンで少しずつ機能が改良されていったとしても、数年単位で時間がかかってしまいます。

実際の仕事で使うツールに、そんな長い目で接することが出来るかどうか、なかなか難しい話ですよね。

 

このページの先頭へ