1つのデータで進める場合

Revit(レビット)を使って設計図をまとめると、図面の整合性が保ちやすくなるというメリットがあります。

また、モデリングデータをパースに利用することが出来たり、数量を拾うことが出来たりと、可能性は広がるばかり。

ただしその代償として、Revit(レビット)を使って設計図をまとめる際には、いくつかの問題点があります。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能が不親切

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

なんだか文句と言うか、苦情みたいな内容ばかりですけど、問題点を箇条書きしていけばそんな感じになりますよね。

ただ、問題点を箇条書きで並べただけでは、具体的にどんな問題点があるのかが分かりにくいです。

そうした理由から、今回はそれぞれの項目についてもう少し詳しく書いていくことにします。

「BIM(ビム)も問題点」というカテゴリとは少し違ってきて、最初に書きたかった内容とは少し違いますが……

なかなか思ったような話の展開にならないですね。


■モデリングするデータは常に1つである

Revit(レビット)を使って3Dモデリングをする際には、3D空間上に建物を1棟まるごと作り込んでいくことになります。

だから基本的にCADデータは1つになります。

2DCADで図面を描く場合には、1階平面図と2階平面図とで別のCADデータになるのが普通でした。

当然平面図と断面図、詳細図なども全く別のCADデータとして存在する事になる訳です。

2DCADで設計図を一式まとめる際には、図面枚数と同じくらいのCADデータが出来上がります。

でも、Revit(レビット)では平面図や断面図のデータという概念ではなく、モデリングしたデータを切断して図面化することになります。

だから基本的には何枚の図面を描いたとしても、Revit(レビット)データの数は1個にしかなりません。

これが2DCADとRevit(レビット)の大きな違いですね。

もちろん、AutoCADで言う「外部参照」にあたる「リンク」という機能は用意されていて、複数のデータに分けて作図することは可能です。

でも色々と試してみた結果、理想はやはり1つのデータで作成していく、というのがスムーズではないかと思います。

 

■同時進行が難しい

Revit(レビット)で作図する場合、1つのデータでやっていくのか、あるいはリンクを使ってやっていくのか。

また、リンクを使う場合はどのようなデータの区分にするのかなどは、物件の規模や作図体制によって変わります。

例えば小規模な物件であれば、手分けをする必要もないので1つのデータで設計した方が良かったり。

逆に大規模な物件では、複数の人で同時にモデリングや図面化を行う為に、データを分ける方が良かったり。

主に建物の規模で変わってくる話なので、ここでは「1つのデータにするのがベストですよ」と書くことは出来ません。

特に問題がなければ1つのデータでやっていくのがスムーズじゃないか、というくらいのニュアンスですね。

そうして1つのデータにして作業をする場合、当然出てくるのが「到底1人ではモデリング出来ない物量」という話です。

1人では作図しきれないボリュームなのに、CADデータはどんな図面であっても同じ1つのデータになっている。

ここまで書くと、どんな問題があるのかが分かりますよね。

Revit(レビット)では複数人のチームで図面を進めていくのが難しい、という点が大きな問題点なんです。

2DCADであれば、平面図を描く人と断面図を描く人が同時に並行作業をすることが出来ます。

平面図と断面図は全く違うファイルに分かれているから、整合性に気をつけさえすれば、同時進行も全然OK。

でもRevit(レビット)を使って設計をする場合には、どんなに枚数の多い図面であっても、1つのファイルだけで構成されることになります。

建物の規模が大きければ大きいほど、作業量と作業出来る人数のバランスが崩れてしまうので、どうやって進めるのかが問題になる訳です。

もちろんRevit(レビット)の機能で解決策はあるのですが、このあたりの話は次回に続きます。

 

このページの先頭へ