1つのファイルを同時に修正

Revit(レビット)で3Dモデリングをする際には、基本的に1つの図面データで作業をしていく場合が多いです。

フロアごとにデータを分けたり、構造体と仕上でデータを分けたりして、お互いをリンクしあうようなやり方もありますが……

複雑なリンクで構成していくと、分かりにくくなってしまうというデメリットがあって結構大変になってしまいます。

それぞれにメリットがあるので、ここで「こうしたやり方が良いですよ」と言えないのがツライとことです。

正直なところを書くと、私も今現在、どんなデータの構成がベストなのかを模索している段階ですから。

いくつかやってみた中では、1つのデータで作業を進めるのが一番しっくりするかな、という感想を持っています。

そうした方が全体像が掴みやすいですし、モデリングをする側としても余計なことを考えなくて済む、というのが良いですね。

ただしその反面、複数の人数で1つのCADデータを編集するのが大変、というデメリットもあって、なかなか比較が難しい。

今回は、仮に1つのCADデータでモデリングをした場合、どのように複数の人数で作業していくのかについて考えてみます。


■1つのデータでも大丈夫なように

恐らくRevit(レビット)では、1つの建物を1つのCADデータで作成すること前提にしているのだと思います。

まあこれは私の勝手な予想ですけど……

部分ごとにデータを分けて構築していくことが出来るように、リンクという機能も付けていまが、やはり基本は1つのデータじゃないかな。

Revit(レビット)を販売しているAutodeskも、恐らくそのあたりの話は分かっているはず。

なので、Revit(レビット)では複数の人がデータを編集できるように「ワークセット」という機能を実装しています。

「ワークセット」と言われても、それがどんな機能を持っているのか。今ひとつピンとこないですよね。

でも「ワークシェアリング」という表現であれば、何となくどんな機能かイメージ出来るのではないでしょうか。

同じ図面ファイルであっても、別の人が同時にそのファイルにアクセスして、修正を一緒に仕事をやっていきましょう、というような感じですね。

それが出来れば、3Dモデリングしていくファイルが1つであっても、特に問題なく作業を進める事が出来ます。

私が最初にこの機能を知った時には、まさに夢のような機能だと思いました。

 

■ワークシェアの概要

そのワークシェアがRevit(レビット)ではどこにあるか、というのを簡単に紹介してみます。

ただ、具体的な操作方法について説明をすると、恐らく非常に長くなってしまうので、今回は概要だけにしておきます。

Revit(レビット)のメニュー内に「コラボレート」という項目があって、その中に「ワークセット」が用意されてます。

ここですね。

 

ワークセットのメニュー

 

このアイコンをクリックしてワークシェアリングをする訳ですけど、これがなかなか複雑な状況になるんです。

だれがどの部分(例えばコアとか1階とか)を担当して、担当部分以外は編集出来ない状態にするとか。

そうした割り当ての設定をあらかじめ決めておき、全員周知のもとで作業を進める必要があるんです。

また「Worksharing Monitor」という、変更要求や通知などをコントロールするソフトを別途インストールする必要があります。

こんなソフトです。

 

 

ワークシェアリングモニタ

 

このあたりが複雑で簡単に説明出来ない部分ですが、まあしっかり設定をすれば複数人数で同時作業することが出来るんです。

複数の人が同時に1つのファイルを編集する訳ですから、まあ多少の問題点が出てくるとは思います。

それについては次回簡単に触れます。

ただ、そうした問題点がありながらも、複数で同時に修正出来るというのはやはり魅力的な機能ではないかと思っています。

 

このページの先頭へ