3DCADとして足りない部分

Revit(レビット)は、1つのプロジェクトファイルを複数の人が同時に編集出来る「ワークセット」という機能を持っています。

少々設定が面倒だという部分もありますけど、1人で完全にモデリングから図面化まで出来る訳はないので、非常にありがたい機能です。

「ありがたい」は少し控えめな表現で、実際には「これの機能がないと仕事にならない」種類と言った方が正解に近いですね。

ただ、そこにはいささか問題点もあります。

・共有サーバ上にデータを載せる為、動きが遅くなりがち

・1人の不慣れな作業者に足を引っ張られる可能性もある

1つのファイルをみんなで編集する場合、1人がおかしな操作をした影響を皆が受ける可能性があります。

その影響が重大にならないように、編集できる範囲を決める訳ですが、やはり時には思いもよらない状態になることも。

まあこのあたりの話は、2DCADでも同じですけどね。

自分の作図した図面を人に修正してもらったら、外部参照などが全部バインドされていたとか。

修正してもらったデータを見て、「分からないなら余計なことをするなよ……」と思うようなことも時々ありますよね。

こうした技術的は話は今回深く突っ込まないでおいて……

Revit(レビット)で設計図をまとめる際に。どんな問題点があるのかの続きを進めたいと思います。


■CADとしての製図機能が不親切

これはCADとして結構重大な要素だと思うのですが、Revit(レビット)はまだCADとしての機能が成熟していない気がします。

ここまで書いておいて「気がします」という表現を使うのも、ちょっと逃げているみたいで抵抗がありますが……

まあ少々ストレートな表現を避けて、微妙に曖昧な部分を持たせた状態にしているという感じです。

ここで色々と厳しいことを書くのは、Revit(レビット)というCADに期待をしているからこそ。

今後もっと便利に使いこなしたいという気持ちがあるから、プロとしては厳しい目で見ることになってしまう訳です。

とか、CADとしての機能について触れる前に、何だか自分を守る為の言い訳ばっかり書いてますね。

話を元に戻して、と。

今現在のRevit(レビット)は、少なくとも機能が熟成されている状態ではなく、まだこれから改善の余地が結構ある状態です。

そうしたCADを使って図面をまとめていくことは、実務をする側からすると大変なことなんです。

線を引いたり文字を記入したりする基本的な機能は当然用意されていますけど、ただ線を引くことが出来れば良い、という訳じゃないですよね。

もっと細かい部分で、実際に図面を描く、または修正する人が便利に感じるような機能をたくさんつけて欲しい。

これがRevit(レビット)に対する私の気持ちです。

 

■具体的にはどんなことか

CADとしての製図機能が熟成されていないとは、もっと具体的な表現をするとどんな状態なのか。

ここでは少し具体的な例を出してみたいと思います。

もちろん文句を言っている訳ではなく、改善されればもっと便利なのに、という例を挙げていきますよ。

・ハッチングに線種の概念がない(ハッチングを点線に出来ない)

・オブジェクトスナップの設定が起動する度にリセットされる

・よく使う機能のアイコンなどを自分用にカスタマイズ出来ない

・寸法線はオブジェクトスナップから除外される

などなど、まだまだCADとして実装して欲しい機能や改善して欲しい動きなどがたくさんあるのが現実なんです。

まあ細かい話も多いですけど、こうした細かい部分の積み重ねこそが仕事の効率を大きく左右するんです。

CADの歴史としては2DCADに方が圧倒的に長くて、2DCADも今まで少しずつ便利になってきた歴史がある。

それはもちろん分かってます。

そうした歴史がある2DCADを、出来たばかりのRevit(レビット)と比較するのは酷な話ではあります。

だけど、実際の業務をする中で「まあRevit(レビット)だから仕方がないな」という話にはなりません。

もちろんお客さんも「Revit(レビット)で図面を描いてるならこの程度で良いですよ」なんて言ってくれません。

あるのはただ、Revit(レビット)を導入してどの程度効果があるのか、という結果を期待する目だけ。

だからこそ、Revit(レビット)で図面をまとめ為に、CADの機能をもう少し磨いて欲しいと思うんです。

これは恐らく私だけの偏った意見という訳ではないはずです。

……多分、ですけど。

 

このページの先頭へ