要望をメーカーに伝える意味

Revit(レビット)が持っている機能と、代表的な2DCADであるAutoCADを比較してみると……

概念はともかくとして、純粋なCADの機能としては、まだRevit(レビット)が劣っている部分が多い、というのが現実です。

このあたりの不足している機能、出来れば実装して欲しい機能に関しては、別のカテゴリで細かく書いていくつもりです。

なので、ここで細かい話は止めておきますね。

ただ、Revit(レビット)がそのような状況だから、図面をまとめるのに苦労をすることが多い。

これは現実問題として無視できない状態ではないかと思っています。

もちろんRevit(レビット)をどんどん使っていくことで、操作に慣れて無駄が減っていくということもあるでしょう。

でも無駄が減る以前の問題として「そうした機能が今のところは用意されていない」という状況がある訳です。

正直これはキツイです。

これは今後バージョンアップしていくことによって、少しずつ解決していくことをユーザーとして大いに期待しています。


■WISHという形で

ちなみにこれは少し違う話ですが……

Revit(レビット)に対して「こうなって欲しい」という思いを、自分一人だけで持っているだけでは変わりません。

その思いは誰にも伝わらないので、当然の話ですよね。

それではせっかくの要望が単なる愚痴になってしまうので、それを意見としてAutodeskに直接言うのもアリだと思います。

サブスクリプションに加入しているのなら、要望や質問などをメーカーに送ることが出来ますよね。

実現するかどうかはなど、保証されているものなど全くありませんが、地道に要望を出していくのは決して無駄ではないと思いますよ。。

私はRevit(レビット)の操作について、Autodeskに質問をすることが多い方だと思います。

せっかくサブスクリプションに加入しているのだから、特典はしっかりと受け取らないと勿体ないですよね。

そうして質問をした際には「今のRevit(レビット)では出来ないですが、開発に話はしておきます」みたいな回答が来ることもあります。

まあそれが全部実装される訳ではないですけど、ユーザーの言葉ですからある程度は参考にされるんじゃないか。

そんな期待をしています。

質問の文章を分かりやすく書くのは結構大変で、場合によってはキャプチャした画像なども用意するので、時間がかかるのが難点ですが。

そうした地道な努力が、今後のRevit(レビット)に少しでもつながっていけば良いなと思っています。

 

■ユーザーグループもある

また、個人でそうした行動をするよりも集団でやった方が効果的ですから、Revit(レビット)のユーザーグループに加入するのも一つの手です。

AutoCAD程の規模はまだありませんけど、Revit(レビット)にも公式なユーザーグループが存在します。

Revit(レビット)ユーザーグループ

セミナーなどの情報も発信しているので、時々覗いてみると良い情報を得ることが出来るかも知れませんよ。

会員登録は無料で出来ますから、個人情報を記入する事に抵抗を感じない方であれば、登録しておくことをお勧めします。

会員になると、Revit(レビット)の操作で分からないところを質問するフォーラムなどに参加することが出来ます。

そこで質問をするのも良いですし、自分が知っていることであれば、質問に回答することでも勉強になるはず。

さらには、RUGからAutodeskに「こうした機能を実装して欲しい」という要望を出すこともあります。

よく使われる表現としては「WISHリスト」と呼ばれるのかな。

実際にRevit(レビット)を使っていて、不便に感じている部分を解消する為に、機能についての要望をリスト形式で提出する。

これがWISHリストの基本的な考え方です。

年に1回RUG総会という集まりがあって、その中でAutodeskの上層部の方にリストを渡す、という活動をしています。

それだけRevit(レビット)の機能には改善の余地がある、ということかも知れませんが、こうした活動は素晴らしいと思います。

少々話が逸れてしまいましたが、CADの機能がまだ熟成していない、という話のついでに色々と書いてみました。

 

このページの先頭へ