断面を切る際の融通について

前回は少し話が逸れてしまいましたが、引き続きRevit(レビット)で設計図をまとめる際の問題点について書いていきます。

・モデリングするデータは常に1つである

・CADとしての製図機能が不親切

・どこで切ってどう見せるかの融通が利かない

・他のCADへの書き出しが綺麗に出来ない

これらの項目の中で、上の2つは少し詳しく、時には脱線しながらも説明をしてきました。

今回はその続きと言うことで、図面を作図する際にどのような見せ方をするか、というあたりの問題点を紹介します。


■理想的な流れだけど

3Dモデリングをしたデータを任意の位置で切断し、そこに見えてくる図形に寸法や文字などを記入していく。

Revit(レビット)を使って設計図を作図する際には、基本的にこのような流れになります。

きちんと3Dモデリングをしておくと、壁や柱や梁などを改めて作図しなくても済み、作図はスムーズに。

というのが、Revit(レビット)を使って設計をする場合の理想的なパターンではないかと思います。

任意の場所で平断面や縦断面を作成し、見えてくるファミリにタグを配置して、寸法や文字を入力すれば図面は完成。

……という流れが理想ですが、まあ機能的な問題などがあって、現実はそう簡単にはいきません。

ただし作業の流れとしては、今まで2DCADでやってきたやり方より、かなり効率が良いんじゃないかな。

それが今のところ完全に実現しないだけで。

そういう意味では、やはりRevit(レビット)はかなり可能性を秘めたCADだよな……って思います。

とか、ちょっと一人で勝手に盛り上がってしまいましたけど、その流れの中で問題になるのが「任意の位置で切断」という部分。

ここがなかなか上手く行かないんです。

 

■頭が固いRevit(レビット)

Revit(レビット)では、どこで建物を切断して図面を作図するかを作図する側が自由に決めることが出来ます。

例えば縦断面を作成する場合の流れは、まずどこで断面を切るかを平面上で指定して……

 

平面上で断面位置を指定

 

見え掛かりを表示するのはどこまでか、という奥行きを指定します。

 

見え掛かり範囲の指定

 

これで、下図のような断面図が自動的に作成されます。

 

とりあえず断面作成

 

まあここまでの流れは充分に便利だし、操作もそれほど難しくないから抵抗を感じずに作業することが出来るはずです。

ただし「ここで断面を作成して、どこまで見えるようにするか」を決めると、その後は例外を作るのが非常に難しい。

このあたりに問題があるんです。

人間と違ってコンピュータは頭が固いから「ここは表現しない」とか「断面には入ってないけどここは表現したい」などの融通が利かないんです。

表示を司るのは、あくまでも「断面線にかかっているか、見え掛かりの範囲に入っているか」だけ。

手描きとか2DCADで図面を描く場合、少し辻褄があわないけど図面として必要だからここは表現しておくか、みたいな判断があります。

そして図面を見る側も、そうした矛盾に細かく突っ込んだりはしません。

「平面図ってFL+1000くらいの平断面だから、高さ2mのところにあるサッシュは見えないはずだよね」とか。

そういう無駄なことを言う人はいませんけど、Revit(レビット)ではそれを厳密に実行してくれるんです。

次回はこの話題をもう少し引っ張って、具体的にどういうことかを詳しく書いてみたいと思います。

 

このページの先頭へ