レベルが違う要素の表現

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータから、図面を作図する為に平面や断面を抜き出す。

その抜き出した併談面や縦断面に対して、改めて寸法や文字などを書き込んで図面としてまとめていく。

これがRevit(レビット)を使った場合の基本的な流れですが、断面を抜き出す部分の動きにはまだ課題が多い状態です。

3Dモデルから断面図を作成する際に、どの位置やレベルで断面を作図するのか、微調整が非常に難しい……

微調整というか、例外的に表示させたい部分などがあった場合に、出来ないことはないけど非常に手間がかかるんです。

これが、コンセプトだけを見ると非常に便利そうなのに、実際にやってみると時間がかかる要因のひとつです。

まあこうした技術的な問題は、解決策を見つけて解決していく、というシンプルな手順で消えていく訳ですが。

今回はもう少し具体的に「実際のところ、こういう場合に困る」という話をしてみたいと思います。


■高さが違う要素の表現

説明みたいな話が長くなりましたが、まずは3Dビューで建物の外観を確認してみることにします。

 

建物の外観例

 

外壁に取り付けられている窓の高さが、右側と左側で大きく違うのが分かると思います。

まあ実際には左側の窓が高すぎて天井よりも上になってしまい、納まりとしては全然だめですけど……

まあ平断面を作成する場合の問題点を確認するだけなので、今回はこうした極端な例で話を進めますね。

この例では、2つの窓が高さ的に全く違う位置にある、というところに問題があります。

Revit(レビット)では、どこで断面を切るかをきちんと設定して、それが平面図に現れます。

こうした「やや頭の固い」設定で平面図を作成すると、下図のように窓が表示されない平面図になってしまうんです。

 

平面図のビュー

 

せっかく3Dモデリングしたのに、断面を切る位置にかかっていない為、平面図として表現されない。

これはちょっと残念な結果としか言いようがありません。

 

■理屈で合っていても意味がない

確かに理屈で言えば「高さ1m付近で切断して見下ろすのが平面図」ですから、この平面図は間違いではない、という意見もあるとは思います。

でもそれはあくまでも基本的なルールなだけで、実際の仕事でそんな理屈は通用するはずはありません。

絶対に。

少なくとも私だったら、「何であるはずの窓が作図されてないの?」って聞かれた時に、「1mよりも上にありますから」とは恥ずかしくて言えません。

それならば、平面図に表現されない窓はどの図面に表現されるのか。

そう返された場合、正しい回答がどれなのか全然分からないから、多分私は「そうですよね」と言うしかないと思います。

と、このように……

Revit(レビット)では断面を表現する切断ラインが厳密なので、そこから少しでも外れた要素が表現しにくい、という問題があるんです。

これは、実際の業務でRevit(レビット)を使っていると、非常に困る機能のひとつでもあります。

困ることベスト5には入るんじゃないか、と思ってます。

このあたりがもう少し柔軟に設定出来るようになれば、Revit(レビット)はCADとしてのステップを2つくらい上がるはずです。

だから改善されるのをとても期待してるんですけど、今のところはあまり上手いこと進んでない気がします。

まあこのあたりの機能は、実装されるとしてもどのような動きになれば良いのか、正直言って分からない状態ではあります。

ただし「この部分だけは切断位置をFL+205に上げる」とか、切断レベルを厳密に切り替えるのは、多分もの凄く大変だと思います。

だから「この要素は切断レベルにかかってないけど平面に表示させたい」みたいなスイッチがあれば良いかも知れません。

数年後にこうした機能が実装されることを、1人のRevit(レビット)ユーザーとして非常に楽しみにしています。

 

このページの先頭へ