図面の表現に時間がかかる現状

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータを利用して、平面図や断面図などの図面化をする場合の問題点。

このあたりの話を今まで色々と取り上げてきて、前回は断面図を作成する際の処理について考えてみました。

断面を切る場所の指定が機械的になってしまう為、少しでもそのラインから外れた要素が表示されない、という話です。

ちょっと地味な話で、実際にRevit(レビット)を使っていない方には今ひとつピンとこないかも知れません。

でも実際にRevit(レビット)を使って図面をまとめる際には、これがじわじわと効いて来るんです。

そして、そうした表示を調整して分かりやすくする為に、かなりの時間と手間が必要になる場合が多い。

これが困るんですよね。

3Dモデルを利用してある程度自動で図面化出来る為、文字や寸法を入れるだけの状態になって省力化になる。

これがRevit(レビット)の強みであり、目指すべき状態であるのに、なかなか思うようには動かない訳ですから。

せっかくある程度まで自動で図面化出来るのに、「説明したい要素がうまく表示出来ない」というのは非常に勿体ないですよね。


■まだ機能は足りないけど

場合によっては、思い通りの表現をする為に手間と時間をかけてまとめていく、というような状況もあったりします。

本末転倒と言われても反論できない場合も多いですね。

もちろんRevit(レビット)を使う側のスキルによって、かかる手間の違いは大きいというのはあります。

ただ、Revit(レビット)はこれからどんどん普及していくCADですから、大抵の方はまだそれほど操作に慣れていません。

今まで2DCADで作図をしてきた方が、BIM(ビム)を実践する為にRevit(レビット)を使い始める。

そんなパターンが結構多いはずで、実際に使ってみた時にはもの凄い違和感を感じるんじゃないかと思ってます。

私もそうだったし。

「慣れ」が大きなウエイトを占めるのは間違いないですけど、もう少し自由度が高くないと困るな、というのも正直な気持ちですね。

こうした問題をクリアしてくれる、便利で行き届いたRevit(レビット)が発売され、3DCADがごく普通に使われていく。

早くそんな日が来れば良いのにな……

とか、どんなソフトであってもユーザーは欲張りだから、私は時々そんなことを考えたりします。

この問題がきちんと解決すれば、恐らくRevit(レビット)は非常に強力なツールになるはずですから、楽しみですね。

Revit(レビット)で図面を描く際の問題点「どこで切ってどう見せるかの融通が利かない」という話はこの辺で終わりにします。

 

■2DCADから得るものもある

図面を描く側が「図面としてどういう表現が分かりやすいか」を判断して、それによって様々な表現をしていく。

これが図面を作図する際の基本的なスタンスになります。

建築図面として基本的なルールを守った上で、図面を見る相手に出来るだけ自分の意図を伝えられるようにする。

これは図面を描くプロからすれば当たり前のことだと思います。

なかなかこれも上手くいかない場合が多いですけど、どうすれば伝わりやすい図面になるかをいつも考えながら作図する訳です。

図面を見る側に一言「これじゃ分からない」と簡単に言われる場合もあるし、きちんと伝わる場合もあります。

まあこれも人によって変わる訳ですけど、図面として目指すレベルはそれほど変わらないんじゃないかな。

ただしそうした自由な表現は、自分で線を引いて壁などを表現していた2DCADの強みでもあるんです。

壁を表現する線も、説明の為の文字を引き出す線も、基本的には同じコマンドで作図していくのが2DCADの特徴です。

だからこそ、作図する側の「こういう表現にしたい」という思いが図面に盛り込みやすいんですね。

まあその分だけ、全ての要素を自分でコントロールしていく必要があって、不整合になりやすい訳ですけど……

Revit(レビット)でも、2DCADの良い部分を吸収して、シンプルな作図機能を充実して欲しいですね。

 

このページの先頭へ