変換の形式とパターンと

Revit(レビット)から他のCADへとデーを書き出すと、なかなか思ったような状態になりません。

この問題はRevit(レビット)だけが原因という訳ではなくて、読み込む側のCADにもそうなる要因があります。

だから厳密に言えば、Revit(レビット)の問題点というくくりで取り上げるのは、ちょっと主旨が違うのかも知れません。

それでも、実際にRevit(レビット)を使って設計をした後で、実務的に困ることは確実じゃないかと思います。

実際に困るのはデータを渡された方だから、設計をする側としてはあまり影響がないという話もありますが……

「渡す側だから無関係」と言ってしまうと、もう進化していくことを放棄するのと一緒ですよね。

また、BIM(ビム)の考え方として、どこまで設計時に作成したデータを更新していくのか、という話とも絡んできます。

という幾つかの理由もあって、とりあえずはデータ変換の話を問題点として取り上げてみることにします。


■ビューを変換する

3DCADであるRevit(レビット)で設計されたデータを、2DCADユーザーが利用したい場合。

2DCADユーザーとしてはどんな状態のデータが欲しいでしょうか。

会社同士の話になって、実際どのような契約でデータを貰えるようになるのか、という話は別にして、ですよ。

もし私がデータを貰う側の立場だったら、やっぱり紙に印刷された設計図と同じ状態のCADデータが欲しいです。

3Dモデリングデータは、2DCADでは見ることが出来ないので、せっかく貰っても無駄になる可能性が高い。

だから3Dモデリングデータよりも、平面図などのデータが欲しいのは当たり前の話かも知れません。

そうした要望が2DCAD側からあることは、恐らくRevit(レビット)側も分かっています。

平面図や断面図など、3Dモデリングデータから作成して図面化した状態を、そのまま変換する機能が用意されています。

平面図が必要であれば、各階平面図のビューに移動してデータ書き出しを実行すればOK。

当然断面図も同じ。

と言うことで、Revit(レビット)側からデータを書き出すこと自体は非常に簡単に実行することが出来ます。

 

■読み込む側では

そうしてRevit(レビット)から書き出すデータは、大体以下のような形式になっています。

・DWG(AutoCAD)

・DXF(中間ファイル)

・IFC(3D標準ファイル形式)

Revit(レビット)はAutoCADを販売しているAutodeskが売り出しているBIMソフトです。

同じメーカーのAutoCADの形式にそのまま書き出す事が出来るのは、そういう意味ではごく自然な流れですよね。

あとは今現在色々なCADの中間ファイルとして一般的に利用されている「DXF」形式ですね。

中間ファイルというのは、どのCAD専用のデータという訳ではなくて、どのCADでもその形式に書きだしたり読み込んだり出来る形式です。

JWCADでもDXFを読み込めるし、AutoCADでも読み込むことが出来て、当然書き出すことも出来る。

そうした中間ファイルがあるから、直接「このCADのデータ形式に書き出す」ということをしなくても済むんです。

とりあえずDXF形式のデータにしておけば、大抵のCADでそのデータを開くことが出来る訳です。

なかなか気が利いてますよね。

ただ、スムーズに書き出しや読み込みが出来るのは、基本的に線や円などのシンプルな図形だけ。

これが結構厄介な問題なんです。

違うメーカーのCAD同士だから、スムーズに読み込みが出来るはずない、というのはわかってるんですけどね。

実際にデータ変換がどの程度スムーズに行かないのか、具体的な例を次回に挙げてみたいと思います。

 

このページの先頭へ