DWGに書き出す方法

Revit(レビット)から他のCADにデータを書き出しをすると、完璧な状態でデータ移行することは期待できません。

別のメーカーが作っているCADですから、データの互換が完全になっていないのは当然のことです。

だからRevit(レビット)だけを責めるのはちょっと違うんですけど、実際に困ることが多いのも事実です。

ということで、Revit(レビット)のデータを書き出しすと、具体的にはどのような問題点があるのか。

今回はこのあたりの「こんな状況が困る」という話を、実例を挙げて説明してみたいと思います。


■書き出したデータの利用

Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータから平面図を作成すると、大体こんな感じの図面になります。

 

書き出した平面図

 

こうした状態で2DCADにデータを渡すことが出来れば、色々な用途で有効に利用することが出来ます。

「色々な用途」では分かりにくいので、私が思いつく用途を書いてみると、以下のような感じですね。

・設計図を元に施工図を作図する際に利用

・案内図などで利用

・設計図をコピーする代わりに印刷する

・詳細図などで拡大したい部分をデータで見る

サンプルで出した平面図があまりにも貧弱なので「こんなデータ貰っても使えない」という意見もあると思います。

でも、実際の設計図はもっと完成度の高い図面ですから、利用価値はサンプル図面とは比較にならないくらい高いはずです。

そう思うのは作っている側だけかな……いや多分そんなことはないはず、と勝手に思っています。

 

■書き出しの流れ

この平面図を書き出しする場合、ウインドウ左上にある「R」アイコンから「書き出し」を選択します。

 

書き出しメニュー

 

色々な形式に書き出すことが出来ますが、今回は有名な2DCADであるAutoCADのデータ形式で書き出してみましょう。

書き出す際に選択できるのは今現在開いているビューだけではありません。

 

書き出すビューの指定

 

上図のように「セッションビュー/シートセット」を選択すると、作成されている全てのビューを一括で書き出すことが出来ます。

また、Revit(レビット)には複数のビューを組み合わせて配置することが出来る「シート」という機能があります。

図面枠のなかに平面図と凡例を配置して、というように、図面をきちんとした書類としてまとめるには必要不可欠な機能です。

3Dモデリングしたデータから平面図をビューで作成して、そこに寸法などを入力して図面化した状態でシートに貼り付けて印刷する。

このような流れになることが多いので、当然ですがシートの状態で書き出すことも可能になっています。

データ内にあるシートだけを選ぶとか、ビューだけを選ぶとか、すべてを表示させて必要なものだけを選ぶとか。

書き出すデータの指定方法はバリエーション豊富です。

 

複数のビューを書き出し

 

Revit(レビット)側で用意している書き出し機能は、なかなか充実していると私は思っています。

基本的にRevit(レビット)は1つのデータで様々な図面を書いていく事になります。

なので、一括で書き出しが出来るというのは地味に感じるかも知れませんが、かなり重要な機能なんですよね。

このような流れでRevit(レビット)から他のCADにデータを渡す訳ですが、2DCAD側ではどんな見え方になるのか。

このあたりを次回は見てみたいと思います。

 

このページの先頭へ