書き出し設定を調整する意味

前回はRevit(レビット)から他のCADにデータを書き出す場合の手順を簡単に紹介してみました。

書き出しの操作自体は、ビューやシートなどを選んで一割で出来たりと、なかなか使い勝手が良いと思います。

ひとつずつビューやシートを開いてから「書き出し」を実行とか、そんなことをやってたら書き出しだけで半日が終わってしまいますから。

そういう意味では親切な機能だと言えるでしょう。

また、変換後にそれぞれの要素をどんな画層名に入れて、色をどうするかなども細かく指定することが出来ます。

項目の数が非常に多いため、いざ設定をやろうとすると、すぐに「閉じる」ボタンを押したくなるのが難点ですが……

面倒くさく感じるくらいに設定項目があるというのは、細かく指定したい方にとっては嬉しいことですよね。

今回はそんな書き出し設定がどんな感じで用意されているのか、簡単に紹介してみたいと思います。


■項目がたくさんある

Revit(レビット)から他のCADに書き出す場合の設定は、確かに見るのも嫌になるくらい項目が沢山あります。

こんな感じの画面ですね。

 

書き出し設定リスト

 

切り取り線(切断面)と投影線(見え掛かり)をどんなレイヤーと色で書き出すのかを、項目ごとに設定することが出来るようになっています。

右側のスクロールバーを入れたのは、この項目がどれくらいたくさんあるかを表現したかったからです。

まあ多いですよね。

例えば上記の画面では、内壁の切り取り線が「IWALL」というレイヤーで書き出され、色は2番になるという設定になっています。

AutoCAD(オートキャド)の色番号2番は黄色なので、赤にしたければ1に変えるとかの設定をしていく訳です。

そもそもレイヤー名を「IWALL」ではなく「内壁」にするとか、出来るだけ分かりやすい状態にするのが重要になってきます。

また、内壁に関しては今のところ、切り取り線も投影線も同じ色と画層で書き出される設定になってます。

でも、図面は基本的に切り取り線が太めで見え掛かりが細めというルールがあるので、これはあまり良い設定ではありません。

見え掛かり線は少し細い線で印刷する為、色を切り取り線とは変えておく、などの設定も必要でしょう。

このように、書き出し設定を細かく見ていくのはかなり大変で、大きな労力とまとまった時間が必要になってきます。

設定出来ること自体は良いことなんですけどね。

 

■しっかり設定しておくメリット

Revit(レビット)側で勝手に画層を決めて書き出されて、それが変更できない状態だと、書き出したCAD側の作業が大変です。

そうなることに比べれば、まあ設定が細かいくらいは良いよね、ということになると思います。

細かすぎる設定とユーザーの自由度の高さは比例する。

これは、AutoCAD(オートキャド)などの設定が多いCADの特徴だと言えるでしょう。

と言うことで……

Revit(レビット)から他のCADにデータを書き出す機会が多いのなら、一度腰を据えて調整してみることをお勧めします。

この設定をやっておくのと、初期設定のまま書き出しをするのとでは、もう雲泥の差になりますから。

一度作ればあとはその設定を少しずつ改良していくだけで楽になるし、改良すればするだけ書き出しがスムーズになっていく。

最初に苦労をしておけば、あとは良いことばっかりなので、最終的にメリットがあるやり方を選ぶのが賢いと思います。

とか言いつつ、今回の例では特に書き出し設定を何も調整しなかったので、初期設定の状態で書き出されていますが……

今回取り上げるのは、色やレイヤーがどうなるかではなく、一般的にどんな書き出しとなるかがメインになってます。

なので、ある程度色とレイヤーについては自由で良いかな、という思いで初期設定を使っています。

腰を据えて設定しましょうとか書きながら、自分では初期設定を使っているというのはおかしいですけど。

実際の仕事では、ちゃんと考えて調整した書き出し設定を使っていて、それが結構便利なので、やっぱりお勧めだけはしておきたいんです。

 

このページの先頭へ