書き出しされたデータ

Revit(レビット)から他のCADへとデータを書き出す際には、色々と細かい設定をすることが出来ます。

具体的にどうするか、などの説明までは出来ませんでしたが、設定の雰囲気くらいは伝わったと思います。

頻繁に書き出しをする機会があり方であれば、一度とことん考えながら設定を造り込んでみることをお勧めします。

まあ正直言ってちょっとメンドクサイんですけど、設定を色々と考えてみる価値はきっとあるはずです。

その後の作業効率がどの程度良くなるかを考えれば、最初に時間をかけるだけの価値はあると思いますよ。

と言うことで、書き出し設定の話はこれで終わりにしておき、今回は書き出された後の状態ですね。

書き出されたデータをAutoCAD(オートキャド)で読み込んだ場合、どんな状態になっているか。

これを、実際にデータを開いて確認してみます。


■AutoCADで見ると

まずはRevit(レビット)から書き出したデータをAutoCAD(オートキャド)開いてみると……

 

書き出した平面図

 

こんな状態になっていて、かなりカラフルです。

AutoCAD(オートキャド)で作業をする際に、線の色などがカラフルになるのは普通のこと。

だからカラフルなのは特に問題ありません。

ただし、気になるのはもっと根本的な「線がきちんと書き出されているか」という部分です。

見たところ、壁位置などはきっちりと変換されてくるので、パッと見は特に問題ない状態に見えると思います。

壁があった部分が書き出しの際に消えてしまうとか、そういう「ダメだな……」ということがあると、信頼感がなくて使い物になりません。

でもそういう致命的な欠落はないということで、第一段階はとりあえずクリアと言って良いでしょう。

書き出し後の見た目はまずまずで、後は設定次第というところです。

 

■少しだけ調整

ただ、ちょっと書き出した直後は壁が黄色とかになっていて、背景が白だと見づらい状態でした。

今回は書き出しの大まかな流れについて説明するのがメインだったので、とりあえずは分かりやすいように色を変えました。

作業画面の背景を黒にしている場合、作図する線は黄色とか水色などの明るい色の方が見やすいんです。

だけど画像キャプチャする場合は背景白の方が良くて、背景を白に変えると黄色がたちまち見づらくなってしまう。

背景白で黄色の線を何本も引くとか、そういう作業はもう何かの罰ゲームに感じるくらい疲れるんです。

なので、Revit(レビット)側の書き出し設定を変えるのではなく、書き出した後オートキャド(AutoCAD)側で変えました。

今回は書き出しの色などをチェックする訳ではないので、それは別に構わないですよね。

背景白の状態で作業をすると、画面が眩しく感じてしまい、仕事にならないくらい疲れてしまいます。

だから大抵の人は背景黒で作業してるはず。

背景黒ならば、黄色い線はよく使うことになるから問題はないですけど、今回は説明用に背景を白としている為、少し調整が必要だったんです。

前回書いた「内壁がIWALLというレイヤーになって、色は黄色」というのが、背景白で見づらい状態になった訳ですね。

こういう状態になってしまわないように、Revit(レビット)側であらかじめ書き出し設定をするんです。

オートキャド(AutoCAD)側で。黄色がどの程度の太さで印刷されるか、というのを考慮しながら。

だけど今回は初期設定で試験的に書き出しをしただけなので、ある程度こうなってしまうのは仕方がないと思ってます。

今回は例と言っても「悪い例」かも知れません。

 

このページの先頭へ