書き出し設定を作る意味

前回はRevit(レビット)から書き出したデータを、実際にオートキャド(AutoCAD)で開いてみました。

線や文字などの要素は消失することなく書き出されている、という状態を確認することは出来て、少し安心しました。

これは確かに最低限のレベルではありますけど、実際に業務で使う側にとっては非常に重要なことです。

線が変換の際に消えてしまう状態では、業務では役に立たないレベルという話になってしまいます。

それではRevit(レビット)を業務で使うことをお勧め出来ないので、データがきちんと書き出されるというのは大事なんです。

ただし、色が思ったように書き出されなかったりして、完璧とは言い難い結果ではありました。

これはもう少し設定を調整することによって解決するので、ある程度は仕方がない部分ですけども。

そもそも他のCAD同士でデータのやりとりをする場合、思ったように読み込みが出来ないのが普通です。

だから、Revit(レビット)からの書き出しが特別ダメという訳ではない、ということを書いておきます。

Jw_CADで作図したデータをオートキャド(AutoCAD)で読み込んだ場合でも、なかなか悲惨な状態になりますから。

そういう意味では、Revit(レビット)側である程度設定することで、調整の余地があるというのは良いことなんです。

今回は、Revit(レビット)側で調整することが出来る書き出しの設定について、ざっくりと考えてみることにします。


■初期設定では難しい

Revit(レビット)側が用意している書き出し設定で、調整することが可能なのは大きく分けて以下の2点です。

・書き出した際のレイヤーを決める

・線の色を決める

線種も設定することは可能ですけど、基本的に点線はある程度自動で変換されるので、あまり気にしなくても大丈夫。

問題はレイヤーの名前と色を、Revit(レビット)側の要素毎に決めることが出来るということです。

レイヤーの区分は書き出した後の操作性に影響を与え、書き出す色の設定は印刷結果に影響を与えることになります。

「書き出した際の線の色をどうするか」については、初期設定ではなかなか思った通りになりません。

Revit(レビット)側でとりあえず決めている設定が、ユーザーの思惑通りになるはずがないですから。

だからこそ細かい設定をする意味がある、ということです。

 

■設定を作り込む意味

AutoCAD(オートキャド)では、印刷する際にどの程度太い線にするか、という区分を色で管理しています。

Revit(レビット)では要素によって印刷する線の太さを設定するので、色はあまり関係ないんです。

そのあたりが少し違うんですよね。

なので、Revit(レビット)から書き出す時に何色にしておくか、というのは非常に重要な設定なんです。

先程も書いたように、Revit(レビット)側の書き出し設定で細かく指定することが出来るのは、そういう理由があるからです。

例えば壁ラインは平断面になるので少し太めの線にして、扉の開き勝手を表す円弧は細い線で良くて……

ということを考えて、どのようの書き出しをしていくか、細かく設定をしていく訳です。

もちろんAutoCAD(オートキャド)側でどのような印刷スタイルを使うかを意識しながら。

このように、まずはきちんとした書き出しの設定を用意していく必要がある、というのは間違いありません。

何だか前回と同じような結論になってしまいましたが、それだけ重要な項目ということです。

これが書き出し時の問題点という訳ではないですけど……

Revit(レビット)から簡単に書き出しが出来て、それがそのままスムーズに運用出来る訳ではありません。

でも逆に言えば、きちんとした設定を一度作り込んでおけば、その後はある程度スムーズに書き出しが出来る、ということです。

私も半日近くかけて書き出し設定を作りましたが、その後の書き出し作業はかなりスムーズになりましたよ。

 

このページの先頭へ