寸法線の要素を保つ意味

Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出したデータが実際どんな状態なのか。

前回はこのあたりの話をテーマにしてみました。

データ書き出しというのは、話題としてはかなり地味で、もっと言うと全然面白くない内容だったりします。

3Dデータで建物を作ってパースを作ることが出来ますとか、そのパースの中を歩いてみることが出来ますとか。

あるいは、3Dモデリングした建物から、必要な材料の数量を拾って集計することが出来ますとか。

そういう話題の方が派手で分かりやすいし、Revit(レビット)を使うメリットとして伝えやすいんです。

しかし残念なことに、実際の業務ってやつは派手で分かりやすい話ばかりじゃありません。

むしろ地味でメンドクサイことの連続だったりします。

例えばRevit(レビット)からデータを書き出して、それを別のCADで体裁を整えるとか。

書き出しについての話が地味だったとしても、触れない訳にいかない理由はそのあたりにあるんです。


■寸法線で書き出される意味

実際のところ、Revit(レビット)からの書き出しがどの程度の精度なのかによって、業務に影響が出ることも多いです。

だから少々しつこいくらいに書き出しの設定とか、どんな要素として書き出されるかを取り上げている訳です。

書き出されたデータを見たところ、寸法がそのまま寸法線の要素になっていることが確認出来ました。

これは非常に重要なことなんですけど、もう少し具体的に、それがどんな意味を持つのかを紹介します。

ということで、まずは簡単な例を挙げてみましょう。

 

寸法線の違いについて

 

上の図ではAutoCAD(オートキャド)を使って、2つの四角形に寸法を記入が記入しています。

区別する為にそれぞれ着色はしていますけど、四角の大きさなどは全く同じ状態になっています。

でも、四角形の中に文字で記入している通り、1つは寸法線として、もう1つが線と文字で構成されている状態です。

見た目は全く同じでも、四角形の右側を伸ばした時にどうなるか、ちょっとやってみますね。

四角形の右側をストレッチコマンドで1000伸ばすと、寸法線とそうでない要素でどう変わるか。

 

ストレッチ後の状況

 

こんな感じになります。

 

■修正手間の大きな違い

寸法線として認識されている場合、寸法線を伸ばすと数値も自動的に変わってくれるます。

だから図面を修正する場合でも、壁などを移動した後で、寸法線が押さえているポイントを変えてあげれば数値は自動で更新されます。

でもそれが寸法線としてではなく、線と文字で構成されている場合には、四角形と同じで単純に線が伸びるだけです。

当然数値は更新されないし、そもそも寸法線の中央に文字を再配置してくれることもありません。

これが非常に大きな違いなんです。

寸法線として書き出されないと、壁を移動などした後で数値も入れ替える作業が必要になりますから。

言うまでもないことですけど、こうした作業を何度も繰り返すのは時間の無駄ですし、単純ミスの原因になります。

時間が余計にかかった挙句に精度が悪いとか、そんな作業はヤメたほうが良いですよね。

Revit(レビット)から書き出されたデータが、寸法をそのまま寸法線として認識してくれる。

これは非常に大きなことだと思います。

 

このページの先頭へ