書き出された文字の問題点


Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出しをすると、寸法線はそのまま寸法線として書き出されます。

これがどれだけ重要で有難いことか……

というような話を、AutoCAD(オートキャド)側の動きを交えて前回は取り上げてみました。

基本的に別のCADにデータを変換すると、特に文字とか寸法などが上手いこといかない場合が多いです。

そういう意味では、少なくとも寸法線として認識してくれるだけでも、実務レベルではかなり助かるんです。

まあ人間は欲張りな生き物ですから、寸法線として書き出されるだけでは満足しないで、もう少し先の要望があったりする訳ですけど……

そのあたりの課題というか具体的な話はもう少し後ですることにして、今回は書き出されたデータについてもう少し見ていくことにします。


■その他の問題点

以前も書いたとおり、Revit(レビット)から書き出したデータを見ると、以下のような状態であることが分かります。

・文字はマルチテキストで書き出される

・建具などのファミリはブロックになっている

・壁は線分で書き出される

これらの状態が実際にはどんな意味を持つのか、それぞれの項目ごとに簡単な解説をしてみます。

●文字はマルチテキストで書き出される

マルチテキストというのは、AutoCAD(オートキャド)側が持っている文字の形式です。

ダイナミックテキストとマルチテキストがあって、マルチテキストはどちらかと言うと高度な設定が出来る文字形式です。

どうしてもダイナミックテキストが良ければ分解すればいいだけなので、このあたりの文字形式については特に問題はありません。

ただ、マルチテキストは良いんですけど、文字サイズが良い感じに書き出されるとは言えない状態です。

Revit(レビット)側で書き出す際に、文字の高さは3mmに設定をしていました。

書き出した平面図の縮尺は1/50ですから、3mmの文字であれば高さ150になります。

このあたりの概念がオートキャド(AutoCAD)を複雑に感じさせる要因なんですけど、まあ今回はそこに触れるのは止めておきましょう。

とにかく高さRevit(レビット)で高さ3mmの文字は、今回の場合は高さ150になるはずなんです。

でも実際はもの凄い中途半端な数値……

 

 書き出された文字のサイズ

 

なぜですかね、コレは。

見た目が問題なければOK、と言いたいところなんですけど、私を含めて図面を描く人は大抵細かい人が多いです。

だから3mmの文字が150になるのは、3mm×50=150という計算になるので、特に問題にはなりません。

でも、この中途半端な数値にはどうしても違和感を感じてしまいます。

計算が出来ない状態とか、よく理由が分からない状況というのは、もうそれだけで気持ちが悪いと感じるんですよね。

これは多分私だけではないと思います。

こうした中途半端な文字の高さををきちんと修正する手間を考えると、出来れば最初からきちんと同じ高さで書き出して欲しい。

手間的な話をすると、図面全体の要素を選択して、その中から文字だけをピックアップして高さを変えれば済む話です。

オートキャド(AutoCAD)側での操作を考えると、技術的にはそれほど難しいテクニックが必要という訳ではありません。

だけど、最初から3mmの文字は3mmという数値を守った状態でデータ変換して欲しかった。

これが正直な気持ちです。

文字の大きさとして3mm丁度という数値にはあまり厳密な意味はなく、最も重要なのは印刷した時の見た目。

それは充分に分かっているんですけど、勝手に縮小されるのはあまり良い気分にはならないですよね。

 

このページの先頭へ