ファミリの書き出しとブロック

Revit(レビット)からAutoCAD(オートキャド)に書き出しをする際の問題点。

これについて非常に長いこと書いてきましたが、2項目残るだけなのであと少しで終わりそうです。

もっと別のことも色々と書きたいので、具体的な問題点についてはもうそろそろ終わりにしたいですね。

寸法・文字について今まで書いてきたので、今回は線分などの要素がどうなっているかを考えていきましょう。


■線分とブロック

Revit(レビット)から書き出しをした際の問題点として、最後に残ったのはコレです。

・建具などのファミリはブロックになっている

・壁は線分で書き出される

項目としては2つありますけど、要するにRevit(レビット)側の線などがどのように書き出されるか、ということ。

とは言え、それぞれ問題点が微妙に違うので、まずはブロックとして書き出される状態の何が問題なのかを解説します。

ただしここで正直なところを書いてしまうと、ブロックに関してはそれほど問題点と呼べるほどの話ではないかも……

もっと単純に「Revit(レビット)はそういう仕様なんです」くらいの内容かも知れません。

AutoCAD(オートキャド)に書き出した時に、少しだけ手間が増える程度の些細な話。

壁が線分として書き出されるのはごく普通のことだし、それ以外の要素として書き出されるのも正直困ります。

また、Revit(レビット)では、ファミリというのは1つの部品みたいな考え方ですから、ブロックで書き出されるのも仕方がないことです。

それは充分に分かっているんですけど、AutoCAD(オートキャド)側からすると、ブロックは少し困るんですよね。

 

■ブロックで困ること

ブロックで書き出された状態だと、AutoCAD(オートキャド)上で色を変えるのが結構面倒です。

「色なんて何でも良いんじゃないの?」と思われるかも知れませんけど、これがかなり大きな問題なんです。

AutoCAD(オートキャド)では、画面上の色が印刷時の線の太さを決める要素になっています。

見やすい図面にする為には線のメリハリを効かせる必要があるので、色というのは非常に重要な要素になります。

だからこそ、やたらと分かりにくいRevit(レビット)の書き出し設定画面とにらめっこして、細かく設定するんです。

面倒でも最初にそうした設定をするのは、やっておくと後が非常に楽になるという理由があるから。

でも、AutoCAD(オートキャド)に書き出した後で色を変えたくなる場合も結構あって、それが難しいんですよね。

例えば書き出された梁の色を変えたい場合、レイヤーの色を変えただけでは恐らくブロックの色は変わってくれないと思います。

AutoCAD(オートキャド)では、ブロックを保持したまま色を簡単に変えるのは至難の業。

というのは言い過ぎですけど、あまり簡単にブロックの色を変えることは出来ないというのが正直なところです。

ブロックをそれぞれのレイヤーで指定した色にする為には、ブロックが「ByBlock」という色になっている必要があります。

でもRevit(レビット)にはレイヤーという概念がないので、「ByBlock」の設定もありません。

なので、指定した色でブロックとして書き出された後で、その色を変えるのが難しい状態になってしまうんです。

もちろん、ブロックを分解すれば自由に色を変えることが出来る、ということは知っています。

でも、分解すると元に戻すことは出来なくなるので、色を変えるためだけに分解をするのもちょっと……

では、どういう状態で書き出されるのがベストなのか。

色々と考えてみると、やはりRevit(レビット)側で「ByBlock」として書き出しが出来るようになれば良いと思います。

なかなか難しいとは思いますけど、ユーザーとしては、そういう機能が搭載される日を待つことしか出来ません。

 

このページの先頭へ