なぜ書き出しにこだわるのか

Revit(レビット)からオートキャド(AutoCAD)に書き出した際に、梁などのファミリはブロックになる。

それがどんな問題になるのかというと、オートキャド(AutoCAD)上でブロックのまま色を変えることが出来ないというあたりです。

Revit(レビット)の問題点のひとつとして、前回はそんな話を取り上げてみました。

ただしこれは、書き出した後のやり方によっては、それほど問題点とは言えないレベルの話という可能性もあります。

だから、これを読んでいる方の中にも、この話のどこが問題点なのか、と思う方がいるかも知れません。

例えば「書き出した後は絶対に色を変えない」とか、そういうルールを徹底すればそれで済む話なんですよね。

でも、実際に仕事をしていると「絶対に色を変えないこと」を完全に実行するのは結構難しいんです。

データがあれば色々な用途で利用したくなるのが普通で、その用途の全てが白黒で済む訳ではないですから。

それが分かっているからこそ、出来ればCADの機能としてそれを解決しておきたいと考えてしまうんです。


■書き出しはなくならない

Revit(レビット)を開発している側からすれば、他のCADへの書き出し機能を充実させるなんて面白くないですよね。

わざわざオートキャド(AutoCAD)に書き出したりしないで、Revit(レビット)だけでデータを完結させればそれで済むのに。

私が開発する側であれば、きっとそう思うはずです。

それでも実務で使う側としては、他のCADとのやり取りを出来るだけスムーズにしたいと思ってしまうんです。

どうして他のCADへの書き出し機能についてこだわるのかというと、恐らく書き出し作業は当分の間なくならないと思うからです。

Revit(レビット)が全てのCADを駆逐して全世界統一CADとなるか、企業の垣根を超えたCADのデータ形式になるか。

そうした非現実的な話が実現しない限り、世界中で様々なCADが使われ、様々なデータ形式が存在することになります。

そうなるとやはりデータの書き出し、読み込みという作業はゼロにはならないということになるはずです。

だから、その作業が出来るだけスムーズになれば……という単純な話です。

 

■必要性の問題も

他の業界も同じような感じだとは思いますけど、建築業界には様々な業種が存在しています。

例えば建具工事の専門企業とか、型枠工事を専門にしている企業とか、建築工事は細分化すると非常に多岐の工種に区分されます。

その全ての企業がRevit(レビット)を使うようになる、というのは恐らく現実的な話ではありません。

建築設計図に沿った建具の図面を作図して、要望にあわせて修正し、その建具を工場で製作する。

そして最後に現場でその建具を取付る、というのが建具工事の大まかな流れになります。

そうした流れの中では、「どうしてもRevit(レビット)がないと困る」という状況は全然ないんですよね。

必要なのかどうか、というのは非常に大きなポイントで、そうした理由で建具工事の専門企業はRevit(レビット)をメインでは使わないはず。

これは建具だけではなく他のどんな工種にも言える話で、それほど必要がないのに高額なBIMソフトは導入しませんよね。

使い勝手の良い汎用CAD、例えばオートキャド(AutoCAD)を使った方が効率が良いですから。

だけど、建物全体を3D情報や材料の情報を入れ込んだ状態で構築していく、BIM(ビム)という考え方は非常に効率的です。

そうなると、Revit(レビット)で作成した建築図データを、例えば建具工事などの専門企業に渡すという状況が出てきます。

そこではどうしてもデータ書き出しが必要になってきて、だからこそ出来るだけ無駄なくスムーズに書き出しをやりたい。

そんな話になっていく訳です。

すみません、かなり話がグダグダになってしまったので、もう書き出しについての話はこれで終わりにしたいと思います。

色々書きましたけど、結局ユーザーに出来ることはあまりなくて、ただ改良された次のバージョンを待つしかないんですよね。

 

このページの先頭へ