BIMの「I」が持つ意味とは

「BIM(ビム)をやってます」という表現をすると、3Dモデリングをしてパースが出来るというイメージになりやすい。

何しろパースは分かりやすくてインパクトがあるから。

だけど、単純に3Dモデリングとパースをやっただけでは、BIM(ビム)の概念を実現しているとは言えません。

前回はそんな内容の話をしてみました。

ありがちな漫画で頑固爺さんとかが使いそうな、「こんなモノはBIM(ビム)とは認めん!」みたいな言い回しをするつもりはありませんが……

BIM(ビム)という言葉には奥の深い要素があるので、パースの派手さに惑わされてはいけませんよ、とは言いたいです。

まあ実際にCADを使う側としては、何となくRevit(レビット)でパースを作るだけの方が楽なんですけどね。

でも、CADのプロとしては、そんな甘い甘い状況で満足している訳にはいかないんです。

そんなんじゃ私のスキルはいつまで経っても上がらないので、もっと奥深くまで進みたいと思っています。

その為には、やっぱり建築業界全体がもっとBIM(ビム)に向かっていかないといけないですよね。

私には建築業界を大きく動かす力などないので、ただそういう流れになることを期待しつつ待つことしか出来ません。

さて、そんな私のささやかな願望はさておき……

今回はBIM(ビム)と呼ぶ為にはどんな要素が必要なのか、という点を考えてみることにします。

このサイトでも既にどこかで書いたような気もしますけど、情報を整理する為にもう一度書いても良いですよね。


■情報を持つという意味

BIM(ビム)という言葉は、以下の単語の頭文字を取った造語です。

B:Building(建物)

I:Information(情報)

M:Modeling(モデリング)

この3つの単語の中で最も重要な言葉が「Information(情報)」で、これがないと始まらないというレベルだと私は思っています。

3DCADを使ってモデリングをしたデータから、パースを作成する、という例を先ほど挙げました。

それだけではBIM(ビム)と呼ぶには不十分、ということを書きましたが、それは「情報」が入っていないからです。

真ん中の「I」がないので、まあ誰もそんな呼び方はしませんけど「BM」みたいな状態ですね。

 

■情報とは何なのか

ここで指す「情報」というのは、モデリングされた要素を制御する為に、CAD側が必要とする情報ではありません。

つまり、柱芯の座標がどこかとか、文字基点のX座標がいくつかとか、文字の内容がどうだとか、そういう情報ではないということです。

CADなんですから、部材を制御する為に座標情報などを持っているのは当然のことですよね。

でもそれは建築として必要な情報ではなくて、あくまでもCAD側の都合で必要とされる情報。

そうではなく、モデリングされた部材についての情報、つまり……

・梁の材質(コンクリート・鉄の仕様など)

・壁の材料

・建具の材質

・建具の製造元など

などなど、3Dモデリングで配置した部材が「何で出来ているのか」というような情報を持っている、ということです。

3Dモデリングされた状態で、それぞれの部材がそうした情報を細かく持っている状態。

そして、建物を建てる前であっても、Revit(レビット)上でその部材をクリックすると、部材の情報が詳しく分かる。

これがBIM(ビム)の基本的な概念になります。

これはなかなか優れた概念じゃないか、そう私は思うんですけど、いかがでしょうか。

 

このページの先頭へ