パソコン内で建物を完成させる

Revit(レビット)などの3DCADを使って建物を3D化しただけでは、BIM(ビム)とは言えない。

これは良く勘違いされることなんですが……

「情報」を表す頭文字「I」が入ってはじめてBIM(ビム)という概念を実現することが出来る。

前回まででこのあたりまで話を進めることが出来ました。

BIM(ビム)の問題点、というところまで話がなかなか進みませんけど、結論だけを書いてもあまり意味がありません。

急いで書いて伝わらないのは困るので、少しずつでもじっくりと話を進めていこうと思ってます。

今回は、そんなBIM(ビム)の概念と、今までの考え方の違いについて考えてみることにします。


■3DCAD上で完成させる

建物を3DCAD上でまずは完成させてみる、というのがBIM(ビム)の基本的な概念です。

実際に建物を建てる前に、CAD上で建物を完成させる。

イメージとしては、3DCADを使ってパソコンの中で模型を作る、というような感じでしょうか。

それは確かに手間ではありますが、そうすることによって、その建物にどんな問題点があるのかが事前に掴めるんです。

この「事前に」というのが非常に重要なんです。

建物を実際に建てる途中で「あ、ここがダメだったんだ」となるのは、実際に良くある話です。

私もそのあたりの経験は豊富です。自慢になりませんけども。

しかし施工途中という段階で方針を変えるのは、手間とお金がかかることでもあるんです。

ダメだったからやり直すだけでも大変なのに、既に出来上がっている部分を少し壊してやり直す、という場合もあります。

そうなるともう最悪な状態ですね。

事前の検討が足りない状態で施工に入ると、それはもう見事なくらいに失敗だらけになってしまうんです。

もちろんそういう状態にならないように、今までも2DCADで施工図を描いて検討してきました。

でも、やはり高さ方向は作図しない分だけ、作図者のイメージに頼る部分が大きいんです。

それはつまり、施工図を作図する人のスキルによって、納まるか納まらないかが結構変わってしまうということ。

それでは困るので、やはり3DCADであらかじめしっかりと検討をしておくことが大事になってくるんです。

 

■実際の模型との違い

私は実際に建物の模型を造ったことはありませんが、出来上がった模型なら何度も見てきました。

今まで見てきた模型の材料は、基本的に紙とかプラスチックとか、発泡スチロールなどでした。

調達のしやすさと加工のしやすさ、そして値段と持ち運び出来るかどうか、などを考えるとそうなるのでしょう。

当たり前の話ですけど、建物を構成する部材はコンクリートとか鉄とかガラスなので、紙とかは代替品に過ぎません。

もちろん「なぜ模型に本物のコンクリートを使わないのか」と(バカなことを)言う人もいないはずです。

建物の完成型をイメージするだけであれば、材料などはあまり気にしなくても特に問題ないですからね。

でも。

パソコンの中だけで完結するのなら、軽さとか加工性とかを考える必要はないですよね。

この辺がリアルとバーチャルの大きな違いと言えるでしょう。

CAD上はもちろんバーチャルですから、「この柱はコンクリートですよ」みたいな設定にする訳です。

だから、柱はちゃんとコンクリートだし、壁は石膏ボードで造り上げていくことが可能になってきます。

そうした情報をきちんと盛り込むのがBIM(ビム)であり、そこまで盛り込むからこそ価値がある。

これがBIM(ビム)の大きなポイントです。

次回は、そうしうたBIM(ビム)の概念を実現する為に、何を犠牲にしなければならないか、という話をします。

 

このページの先頭へ