図面だけでは非効率的

Revit(レビット)を使ってBIM(ビム)の考え方を実現する為には、2DCADよりも多くの時間と手間がかかります。

割と単純な話ですが、この「時間がかかる」という事が、BIM(ビム)の大きな問題点のひとつと言えるでしょう。

というような話を前回までしてきました。

もう少しCADとしての機能などが充実してくると、Revit(レビット)の方が早いです、ということになるのかも知れません。

でも今のところは2DCADで設計をするよりも、かなり時間がかかってしまうというのが現実ではないでしょうか。

これはRevit(レビット)とそれを使う側、両方の進歩が待たれる状態ではありますが……

それはどんなCADであっても同じ話ですよね。

様々なシーンで高さ方向の入力がある分だけ、2DCADよりも時間がかかるのは仕方がないことではないか。

実際に使ってみた感想としては、そんな感じなんですよね。

今回はそんな話を踏まえて、2DCADに比べて時間がかかるけれど、はたしてその価値はあるのかを考えてみたいと思います。


■トータルで考える意味

今まで書いてきた、Revit(レビット)で設計をする際は2DCADに比べると時間がかかるという話。

これは、純粋に設計図をまとめる為に必要な時間のことを指しています。

2DCADを使って設計図をまとめ、別のCADでパースを作成するのにかかる時間。

それと、Revit(レビット)を使って設計図をまとめてパースにも利用するまでにかかる時間を比較して、という話です。

先程も書きましたが、平面だけで済む話がすべて立体になる為に、時間がかかるのは当然のことであるはずです。

だから今までの話しではRevit(レビット)の方が時間がかかる、ということになっている訳です。

話をここで終わらせてしまったら、もしかしたら「2DCADの方が良いんじゃないか」という話になってしまいます。

だけど、そんな残念な結論になるくらいならば、このサイトをわざわざ作った意味があまりありません。

そうではなく、確かに少し時間がかかるかも知れないけれど、Revit(レビット)を使った方が良いですよ。

最終的な結論はそんな感じになるんです。

このカテゴリでは問題点について色々と書いている訳ですけど、それはあくまでも「今後の課題」だからです。

誰もが認めるまったく使えないソフトであれば、わざわざ問題点を挙げていく価値もないですから。

 

■使い道は色々

確かに作成に時間がかかりがちなRevit(レビット)ですが、2DCADと比較しなければならないのは、時間だけではありません。

作成したデータをその後どのように活用出来るのか、という話も非常に重要な要素になってくるはずです。

ある程度時間がかかったとしても、設計図としてまとめた後でも利用価値のある3Dデータであれば、作る価値があるということ。

ここが非常に重要な部分です。

まあ3Dモデリングデータに利用価値があるとしても、誰がそれを作るのかという別の問題もありますが……

それについてはまた後で書くことにします。

なぜ設計図をまとめるまでの手間を比較したのかというと、2DCADの設計図は図面以上の用途がそれほど多くないからです。

要するに、それ以降の話は比較しようがない、ということ。

しかしRevit(レビット)で3Dモデリングをすると、設計図以外にも様々な利用価値が出てきます。

パースについては今までも紹介してきましたが、それ以外にも……

・数量拾い

・各種解析

・ウォークスルー(動画)

などで、3Dモデリングデータを活用することが出来ます。

ということで、設計図としてまとめるのに時間がかかるRevit(レビット)ですが、時間をかける価値はあるのではないか。

これが当サイトの基本的な考え方です。

ただし「図面だけで終わらない場合には」というのが絶対条件ではないか、とも思っています。

 

このページの先頭へ