自動寸法記入があれば……

Revit(レビット)で作成する3Dモデリングデータを元にして、設計図を作図していく。

今まで2DCADでやってきた設計図作図業務だけを考えると、それはあまり効率の良い作業ではないかも知れません。

もう少し機能が洗練されたらどうなるか分かりませんが、今のところはやはり時間と手間が必要な状態です。

ただ、その先3Dモデリングデータをどのように使っていくかによっては、時間をかける価値があるのではないか。

前回はそのような話をしてみました。

図面とパースだけにRevit(レビット)の3Dモデリングデータを使うのは、ちょっと勿体ないんです。

Revit(レビット)で作成した3Dデータを、出来る限り有効に使えるようにすること。

これが、BIM(ビム)を普及させていく上で、非常に重要な課題ではないかと思います。


■渇望している機能

ちなみに、これは1ユーザーとしての個人的な意見ですが……

Revit(レビット)で作図を効率良くする為には、「自動寸法記入」のような機能が絶対に必要じゃないかと思っています。

一括で全てのファミリに寸法を記入する、というような機能です。

どんな内訳で入力するのかとか、寸法線が2段になる場合はどの程度間をあけるのかとか、そういう設定も出来る状態で。

そうした機能があると、恐らくRevit(レビット)はもっともっと普及するんじゃないかな……

と、私は本気でそう思っています。

確か福井コンピュータのアーキトレンドでは、自動寸法記入という機能があったと記憶しています。

かなり昔の話ですから、今のバージョンでそれがどうなっているか、正確なことを書くことは出来ませんが。

当時はなかなか便利な機能だと感じたことを今も覚えています。

Revit(レビット)では、最初に3Dモデリングをしておくと、好きなところで自由自在に断面を切ることが出来ます。

これは非常に素晴らしい機能です。

しかしその断面図は形だけでしかなく、文字も寸法も入っていない状態ですから、残念ながら図面と呼ぶことは出来ません。

ここが惜しいんですよね。

 

■図面化のハードルを下げる

3Dモデリングデータから、そのまま平面図とか断面図として使える図面にすることは、今のところ出来ません。

図面としてまとめる為には、断面を自動で作成した後で、寸法を地道に入力していくという作業が必要になる。

これはもう必須の作業という感じです。

もちろん断面図を自動で切ってくれるだけでも、充分図面化の手順は省力化されているとは思います。

しかし、今までこのサイトで何度も書いているように、CADユーザーというのは欲張りなんですよね。

これは多分私だけではないはず。

CADの機能がもっと便利になっていき、もっと効率的な作業が出来れば良いな……とか、色々思ってしまう訳です。

だから、Revit(レビット)が自動で作成した断面に、一括で寸法をパパっと入れてくれる機能があると嬉しい。

もちろん自動で入れることによって、どうしても数字が重なってしまうところが出てくるはずです。

その場その場で、文字がどんな重なり方をしているかを判断して、状況によって臨機応変に文字をかわしていく。

その手の処理はコンピュータが最も苦手とする種類のものなので、そこは人が作業するしかありません。

ただ、そうした部分だけをチェックして修正していけば済む、くらいの機能であれば可能なんじゃないかな。

文字に関しては、ファミリに対してタグの一括入力をすることで、ある程度まで情報を入れ込むことが可能です。

もちろん文字は重なってしまう部分もありますけど、これはとっても便利な機能ですよ。

タグの一括記入が綺麗に出来ると、2DCADを超える日は近いな、とか思ったりします。

本当に大げさな話ではなくて。

Revit(レビット)はそれくらい便利な機能を持っているので、後は寸法が自動で入力出来れば最高、ということになるんです。

技術的には不可能ではないと思うので、いつかのバージョンでそうした機能が搭載されることを強く願ってます。

 

このページの先頭へ