設計初期段階での干渉チェック

建物を設計して、それを実際に施工していく際には、様々な業種が入り乱れる為に問題も色々と出てきます。

それをまとめていくことが、設計の次ステップである施工段階の仕事でもあり、また面白さでもあるんですけど……

それでも、施工段階に入ってしまうよりも前の設計段階で、ある程度問題点を洗い出して解決しておくことは大事なことです。

その為に、Revit(レビット)で3Dモデリングしたデータを利用して、事前に干渉チェックをしていく。

今後は少しずつそんな流れになっていくんじゃないか。

一人のRevit(レビット)ユーザーとして、少しの期待もプラスして、私はそんなふうに思っています。

せっかく手間と時間をかけて3Dモデリングをするのだから、図面やパースだけではなく、もっと有効に使っていく方が得ですから。

3DCADが図面以外にどんな活用方法を持っているのか、ということで、前回はそんな話をしてみました。

今回はもう少し干渉チェックについての話を続けたいと思います。


■コンピュータの得意分野

同じ空間内にモデリングされたデータがある訳ですから、それが干渉しているかどうかを機械的に判断していく。

これが干渉チェックの基本的な考え方です。

正確さを求められる作業を飽きないでやり続けてくれる、というのはコンピュータが最も得意とする分野ですよね。

これはもう人間では全く敵わないレベル。

この手の作業は人間がどんなに頑張ったとしても勝てないし、また勝つ必要もない作業だとも思います。

そういう作業をCADに任せておき、人間はコンピュータでは出来ないような作業に力を入れていく。

仕事の分担としてはそんな感じで、やはりお互い得意な分野をやっていくのが効率的ではないでしょうか。

コンピュータには出来ない作業とは何かというと……

例えばデザイン的な作業であったり、打ち合わせによって相手の考えを引き出したりとか、そういう業務です。

表現を変えると、天井の中で設備機器がきちんと納まっているかなどの検討を、ある程度3DCADに任せるということです。

やらなければならない大事な作業だけれど、建物の意匠性とか使い勝手に直接は関係ない業務を正確に代行してもらう。

その分だけ余分にデザインなどの検討に時間を割くことが出来る、という流れが理想的な状態ではないかと思います。

 

■出来るだけ序盤にやる

また、こうした干渉チェックなどの検討は、設計の初期段階で全て済ませておくのがベストです。

ベストというか、必須条件と言ってもいいかも知れません。

まあ実際の業務では、そう簡単に理想的な流れで仕事を進めることが出来ないことも多いですけど……

それでも、干渉チェックは出来るだけ設計の初期段階でやっておくべき作業だと思います。

後で干渉チェックをやっても「実は現状こんな状態になっているんです」という話になるだけ。

それではあまり役に立ちません。

そんな状態になってしまったら、その問題を解決するための方法は、かなり選択肢は狭くなっていきます。

まだ選択肢が色々とあって、コストに与える影響が少ない状態の時に、干渉チェックをかけて問題を解決しておく。

これが干渉チェックの大きなポイントです。

Revit(レビット)をはじめとする3DCADであれば、干渉チェック作業は実現不可能ではありません。

2DCADの時代では、やろうという気にもならなかった作業が、3DCADであれば実現できる。

これは素晴らしいことだと思いませんか?

3Dモデリングさえきちんと出来ていれば、CADの機能として実装されているので、積極的に活用したいところです。

もちろん全部が完璧に納まっている状態が理想ですけど、そこまで出来ていなくても良いんです。

ある程度大きな部分だけでもチェックして解決しておくだけでも、後々でかなり大きな違いが出て来ますから。

と、このように「コストの影響が大きくならない為に、設計段階での事前の検討」が重要なポイントになってくる訳です。

次回はそのあたりの話、フロントローディングという言葉をもう少し考えてみたいと思います。

 

このページの先頭へ