設計だけが苦労をする?

設計をする際にBIM(ビム)を導入して、フロントローディングを実現してトータルコスト削減を狙う。

その為にはRevit(レビット)などの3DCADを利用して、早めに干渉チェックをかけていくことが重要で……

と、こうして書くと数行で終わってしまうこの理想的な仕事の流れですが、実際にはそう簡単ではないんですよね。

理想と現実は違う場合が多い。

ということで、フロントローディングには現実的に幾つかの問題点がありますよ、という話を前回までにしてきました。

フロントローディングというのはその単語が意味する通り、最初に負荷をかけて頑張った方が結局は得、という発想です。

ただ、こうした書き方をしてしまうと、設計には現状あまり負荷がかかっていないんじゃないか、という感じになります。

しかし当然の話ですが実際はそんなことなんてなくて、今でも充分設計には負荷がかかっているんです。

3DCADを使っていなくても、建築と設備の取合いを検討して、それを図面に反映させていく。

そんな業務をしている訳ですから、楽をしているはずはありませんよね。

今まで以上に負荷をかけるフロントローディングという考え方が、設計から歓迎されるかどうか……

考えるまでもないことだと思いますが、いかがでしょうか。


■誰の為に手戻りをなくすのか

フロントローディングが抱えている問題点のひとつに「初期段階で仕事をする設計者の負担が大きくなる」というものがあります。

これはもう名前の通りなので、恐らく誰も否定はしないでしょう。

当然それをやることでメリットはあるんですけど、そのメリットを得る為に支払う代償は少なくないということです。

この問題の表現を少し変えてみると……

施工段階で手戻りがないように、最初に設計がきちんと整合性の高い設計図を用意する、ということですよね。

ここからさらに表現を変えて、もっとイヤな表現をすると、施工が楽をする為に設計が最初に頑張る、と捉えることも可能です。

かなりひねくれた意見ではありますけど、その意見に対して誰も「それは違います」とは言えないはず。

コストを抑える為には、まず無駄にグレードの高い材料を使わないことや、手戻りなく施工を進めることなどが考えられます。

コストを抑える=施工の手戻りをなくす為に、フロントローディングできちんと設計をしていく。

そんな流れになるので、設計が頑張って施工が楽になる、という大まかな流れは確かに事実だと言えるでしょう。

 

■別の企業なのに、という問題

設計のフロントローディングによって、施工する側が楽になることが多い、という点になぜ注目するのか。

それは、日本の建築プロジェクトの大半は、設計をする企業と施工をする企業が違うからです。

利益を出すことが企業に求められる責務、というのは、実際に働いている方であればよく分かっていることだと思います。

ですから当然、設計をすることによって、また施工をすることによって企業は利益を出す必要があります。

当然別の企業であれば、設計は設計で、施工は施工でそれぞれしっかりと利益を確保しなければいけません。

ウチは施工会社だけど、今回のプロジェクトでは他社である設計が利益を出したからOK、なんてことはあり得ません。

そこはもう非常にシビアな世界がある訳です。

それなのに、フロントローディングですから、とか言って設計者に過度な負担を掛けるのが良いのか。

別の企業である施工会社の為に、設計だけがフロントローディングを推進していくのは現実的なのか。

これはかなり難しい問題ではないかと思います。

設計のコストが増えてもトータルのコストは減っている、ということは、施工のコストが大きく減っていることになります。

でも設計と施工が違う企業。

まあ契約する金額をきちんとやれば解決するかも知れませんけど、今のところはこのあたりの話がクリアされていないんじゃないか。

少なくとも私はそんな感想を持っています。

 

このページの先頭へ