設計が使うかどうかが問題

前回はフロントローディングの問題点として、以下のようなポイントを取り上げてみました。

・ビジネスではお互いに得する関係が基本

・だから設計が大変なだけでは概念として定着しない

ちょっと当たり前のことを書いている気もしますけど……

苦労をするからにはそれなりの見返りがなければ、と考えるのは、仕事ですから当然のことなんですよね。

大きな手間をかけてRevit(レビット)で設計をして、干渉チェックなどもきっちりとこなしていく。

これがしっかりと出来ていれば、確かに施工にかかる際の手戻りは大きく減ることになるはずです。

だけど、そこに設計のメリットがあるのか、という話で、それがなければ「なんでそこまでやるの?」ってなる訳です。

もちろん設計の意図する建物をきっちりと施工することが出来るというのは、設計にとってもメリットではあります。

しかし、今までのやり方でも充分に設計が意図する建物を造ることが出来ていたとしたら……

それは楽な方法を、というか効率が良い方法を選ぶというのは、仕事ですから当たり前の事なんですよね。

少なくとも私だったら、作業量が少なくても同じような成果を得られる方を選ぶでしょう。


■メリットが必要

BIM(ビム)を取り入れたことによって、今までの業務がより大変なことになってしまった。

そんな状況になるのなら、設計が積極的にRevit(レビット)を取り入れないのは当然のことです。

誰だって遊びで設計をしている訳ではないので、業務の効率化と反対の方向に進みたくはないですよね。

今現在「フロントローディング」という言葉から連想されるのは、やはり「より設計者の負担が増える」というイメージ。

これが綺麗に払拭されない限り、BIM(ビム)という概念は急速に広まることはないと私は考えています。

確かに最初にRevit(レビット)で整合をとっておけば、後が非常に楽になることは分かっています。

しかしその為に必要な手間とコストは決して小さくはありません。

さらに、後で楽になるのが自分ではないこともある訳で、ただ自分の仕事量だけが増えていくのでは割に合わない。

そういう意見が出るのは自然なことだと思います。

手描きの時代からCADの時代に移行した時にも、やはりCADは便利でメリットが多いから普及したのだと思います。

それと同じような話が今度は3DCADで繰り返されるかどうか。

それは今後のRevit(レビット)をはじめとする3DCADの進歩にかかっているのではないでしょうか。

 

■設計が使う意味

ただ「今のままでは難しいです」みたいな否定意見だけで終わってしまったら、そこから先には進みません。

なぜ現状がダメなのかなんて誰にだって言える話で、それだけではあまり役に立つことはないですから。

必要なのは、どうなれば良い方向へ進むのか、という意見なので、ここで少し逆に考えてみることにしましょう。

フロントローディングによって設計に負荷がかかり、それに対するメリットがないのが問題だとしたら……

設計にとってもフロントローディングをすることで、何か大きなメリットがあれば良い、という話になりますよね。

いや、今でも設計にメリットがない訳ではないんです。

空間を色々と検討する上で、3DCADは非常に有難いツールですから、それ自体がダメな訳ではありません。

けれど、3DCADによって増える業務量に見合ったメリットかどうか、という部分が微妙なんですよね。

なので、業務量に対して納得のいくメリットがあれば良いんです。

それがあれば積極的に設計もRevit(レビット)を使うようになり、そうなると施工側でも使うようになる。

そんな良い循環が出来上がる可能性があるんです。

このあたりの話はもう少し続きます。

 

このページの先頭へ