便利なツールとして選ばれるか

フロントローディングをする為に、設計者がRevit(レビット)を使うには、ある程度のメリットが必要です。

仕事でやっている作業なのに、わざわざ大変になるだけのツールを使うようなプロはいませんから。

そんな余裕のある仕事をしていたら、恐らく効率化を進めるライバルに勝つことは出来ません。

と、ここまでの話は改めて書くまでもないくらい当たり前のことなので、今回はその先の話を考えてみたいと思います。

先の話とは、Revit(レビット)を使うことによって、設計にも大きなメリットがあるのか、という話です。

使い勝手の良いツールだからプロとして使わない手はない。

もしRevit(レビット)がそういうソフトであれば、誰しもが使う3DCADになるはずです。

逆に言えば、そこまでのツールにならない限り、皆が使う3DCADにはならないんじゃないか。

少なくとも私はそう思っています。

だからRevit(レビット)ユーザーとしては、もっともっと便利になって欲しいんですよね。


■2DCADの一例

いくらBIM(ビム)の概念を実現出来る3DCADであっても、ユーザーの要望に沿ったCADでなければ普及しない。

それ以外にも、価格とか販売メーカーとかどれだけ普及しているかなど、使い勝手以外の要素は当然あります。

でもそれは、使い勝手の良さという前提を満たしてはじめて考慮される要素ではないか、と私は思っています。

いくら価格の安いCADであっても、不便で仕事の足を引っ張るようなCADなんて誰も使いたくないですよね。

これは私が実際にCADを使う業務をしているから、余計にそう思うのかも知れませんが、ある程度事実だと思います。

このあたりの話には、2DCADでオートキャド(AutoCAD)という良い前例があります。

実際オートキャド(AutoCAD)は単なる2DCADではなく、3Dモデリングも出来るんですけど……

恐らくは2DCADとして使われることが多いはずなので、ここでは2DCADとして考えます。

建築業界で使われる2DCADでは、オートキャド(AutoCAD)がある程度の地位を確立しています。

もちろん別のCAD、例えばフリーソフトのJw_CADなども多くのユーザーに愛用されています。

けれど、少なくともオートキャド(AutoCAD)が一定以上の割合で使われているというのは間違いありません。

 

■使い続けられる為に

オートキャド(AutoCAD)がそういった地位を確立した理由は、使い勝手の良いツールだから、というシンプルなものです。

使う人によっては「分かりにくい」という理由で、あまり便利とは感じない方も結構いるかも知れませんけど……

本当に分かりにくくて不便で、どうしようもないツールなら、もっと便利なCADが普及しているに違いありません。

しかし一定以上の割合で便利に使いこなしているユーザーがいる以上、不便でどうにもならないCADではないと言えるでしょう。

便利で使い勝手が良いCADであれば、それを使って仕事をしようと考えるユーザーは増えていきます。

そうなってくると、オートキャド(AutoCAD)を使う理由として「業界のスタンダードCADだから」が追加されるんです。

これはかなり強力な理由です。

さらにその状況が続くと、ユーザーは「今まで使って慣れているCADだから」という理由で、ずっと使い続けることになります。

そのCADがひどいバージョンアップによって、余程不便な状態にならない限り、使い慣れたCADを使う。

これは私の場合なだけですけど、きっと他の方も同じような状態になっているんじゃないかと思います。

ちょっと話が長くなってしまいましたが……

オートキャド(AutoCAD)がそうやって2DCADのシェアを獲得したように、Revit(レビット)も同じ道をたどる可能性は高いです。

しかしその為には、Revit(レビット)がユーザーにとって使い勝手の良いツールである必要があります。

具体的にはどうなのか、現状のRevit(レビット)はどうなのか、という話は次回に続きます。

 

このページの先頭へ