CADとしての洗練が必要

BIM(ビム)を実現するための3DCADとして、Revit(レビット)がユーザーから選ばれるかどうか。

それはどれだけユーザーが便利と感じるかどうかによる、というような話を前回はしました。

オートキャド(AutoCAD)という良い前例があるので、Revit(レビット)もそうなる可能性は高い。

私はそう思っています。

だかからこそRevit(レビット)を使っている訳ですけど……

正直なところ、そうやってRevit(レビット)が建築業界のスタンダードになればいいな、という期待も少し入ってます。

なぜ期待を込めて書いているのかというと、ユーザーとして「間違いなくこれは便利だ」と言い切れない部分もあることを知っているから。

未来のことは誰にもわかりませんけど、もう少しインパクトがないとダメじゃないかな、という思いもあります。

ユーザーだから好き勝手に言っているだけですけど、実際に使う側の意見って結構大事ですよね。

私が苦労してRevit(レビット)を覚えた時間。

これがあらかた無駄になってしまわないように、Revit(レビット)にはもう少し頑張ってもらいたいですね。


■皆が使う為には

さて、例によってというか、少し話がずれてきましたけど……

BIM(ビム)の概念のひとつであるフロントローディングを実現する為には、まず設計がRevit(レビット)を使う必要があります。

そうなる為には、設計が「これならぜひ使いたい」と思うような、強力なメリットが必要ですよね。

例えば、干渉チェックを実現する為に導入するRevit(レビット)によって圧倒的に業務が効率化するとか。

3Dモデリングしたデータから、スムーズに設計図が作成出来るとか、パースが簡単に作れるとか。

そういう分かりやすいメリットがあれば、Revit(レビット)を使った方が効率が良い、という話になりますよね。

そうなればきっと、設計は積極的に便利なツールであるRevit(レビット)を使うようになるでしょう。

そしてBIM(ビム)の概念もフロントローディングの概念も、ある程度メリットのあるものとして認められるはずです。

そうなると、BIM(ビム)ツールであるRevit(レビット)が普及する速度は加速していくのではないか。

そんな流れになれば良いな……と私は考えています。

 

■現状はどうなのか

ただし今これを書いている今現在、Revit(レビット)がそこまでのCADなのかというと……

正直言ってかなり微妙なところじゃないかと感じています。

確かに干渉チェックなどの機能は便利だし、使い方によっては非常に有効なツールになると思います。

このあたりはさすがに3DCADならではの機能で、2DCADでは逆立ちしても敵いません。

だけど、そうしたメリットを実感するまでに、超えなければならない高いハードルが結構あるんですよね。

まずは手間と時間の問題。

これは以前も書きましたが、きっちりと3Dモデリングをまとめるには、かなりの手間がかかります。

つまりは2DCADよりもコストがかかるということです。

実際問題として、そこまでして3DCADで設計する必要はあるのか? という話も出てきます。

また、今現在の話ですが、2DCADに比べて純粋なCADの機能がまだ弱いという欠点もあります。

Revit(レビット)が持っているファミリやマテリアルなどの概念は確かに素晴らしいです。

それを効率良く使いこなしていく為には、使い勝手の良いCADの機能が必要不可欠です。

しかし今現在のRevit(レビット)には、そこまでの使い勝手の良さには到達していない気がします。

CADとして使うのなら、今のところ絶対にオートキャド(AutoCAD)の方が便利ですから。

もちろん多少は慣れの問題もありますけど、慣れだけでは片付けられない部分は確実に存在します。

3Dモデリングも確かに大事だけど、図面としてまとめる為には、CAD的な便利さも重要なんですよね。

それが足りない現状があるので、もう少しRevit(レビット)には頑張ってもらいたい。

ちょっと上から目線な書き方ですけど、1人のユーザーとして本当に、真剣に期待をしています。

 

このページの先頭へ