使い勝手が悪いCADでは困る

Revit(レビット)が建築のBIM(ビム)ツールとしての地位を確立する為には、何が必要になってくるか。

要素としては色々とあるとは思いますが、まずは皆から積極的に選ばれるくらいの便利さが必要です。

文房具の中で定規が使われるのは、自分の手で直線を引くよりも定規を使った方が早くて楽だから。

それと同じような話で、設計をする為にはRevit(レビット)という便利なツールがなくてはならない。

そんな状態になるのが理想的ではないかと思います。

ただ、ユーザーの目線から見ると、現状はまだ不足を感じる部分が多い、というのが正直なところでもあります。

特にCADとして図面をまとめる機能をもっと充実して欲しい、というような話を前回はしてみました。


■あと一歩が欲しい

3DCADとしての考え方はとても良いのに、いざ実際に使ってみると足りないと感じる部分がたくさんある。

私がRevit(レビット)について書こうとすると、正直な感想としてはこのような表現になります。

これを逆に考えると……

そうした細かな機能が充実すれば、もっともっと便利なツールとして使えるのに、ということです。

あとちょっとなのに惜しいな、と思うんですよね。

まあこういう機能的な部分は、バージョンが進むに従って少しずつ改善していくものです。

少しずつCADの機能が洗練されていく、という部分も確かにあるんです。

こればかりはユーザーがいくら頑張っても解決しないことなので、もう気長に待つしかありません。

その前にもっと便利な3DCADが登場して、シェア競争で負けてしまう可能性もありますけど……

それこそユーザーが心配することではないので、今のところは現状ある機能でやりくりするしかない状態です。

このように、Revit(レビット)の機能を充実して欲しいとしつこく書いているのはなぜか。

これはもうシンプルな話で、Revit(レビット)の使い勝手によって作業時間が全然違ってくるからです。

ただでさえ作業量の多い3DCADでの作業を、2DCADに比べて圧倒的に不便な環境で行う。

そんなことをしたら、時間がいくらあっても作業は進んで行きません。

そうならない為にも、基本的な機能はしっかりと造り込んで欲しい、とユーザーとしては思うんです。

 

■やっぱり大変

建築要素をすべて3Dモデリングするのは、実際にやってみるとかなり大変だということが分かります。

2DCADに戻った時に感じるのは、重い荷物をずっと持っていて、それをようやく手放した時の感覚。

スキーをやったことがある方であれば、半日履いていたスキー用ブーツをようやく脱いだような感覚、と言えば伝わるかも知れません。

もちろん慣れもあるんでしょうけど、3DCADから2DCADに戻った時にそんな感覚ではマズイですよね。

むしろ逆であるべきなのに。

今のところは私のスキルや知識も含めてですが、機能にももう少し進歩が必要な段階だということです。

建築関連を3Dモデリングする為にはかなりの労力が必要ですが、それに加えて設備要素のモデリングも必要になってきます。

建築と設備の干渉チェックをする訳ですから、設備要素を全てモデリングするのは当然のことです。

もちろん建築と設備は別の設計者になるので、3Dモデリングをするのは別の人という事になりますが……

それでも、大きなプロジェクトになればなる程、シンプルに作業量が増えていく訳ですから、かなり大変な作業になります。

建物が大きければ大きいほど、複雑な建物であればあるほど、モデリングの手間も干渉チェックの手間も増えていきます。

なので、建物の規模よっては「この物件を3Dモデリングするのか……」みたいな気分になることもあります。

規模が大きい建物であればあるほど、Revit(レビット)を使う効果は大きいはずなんですけどね。

理想的な話と現実はこうして少し違っていることもある、ということです。

 

このページの先頭へ