効果が見えないという問題

設計と施工で区切られている役割分担の中で、3Dモデリングによる干渉チェックはどこに分類されるのか。

それが今のところ明確になっていない為、どちらがやるべきなのかが微妙な状態になっているのではないか。

前回はそんな話を取り上げてみました。

このあたりの話はお金が絡んで複雑ですから、ここで私がどうこう書いたところで状況が変わる訳ではありませんが……

干渉チェックに関しては、どちらかと言えば設計がやった方が良いんじゃないかと私は考えています。

出来るだけ最初の方にやっておいた方が、干渉している場合の解決方法が多くて、影響が少なくて済みますから。

ただし、単純に「フロントローディングだから設計がやるべき」という話をしても、実際は全然説得力がないんですよね。

なぜかというと、本当にフロントローディングが効果的なのかどうか、はっきりと断言することが出来ないから。

今回はそのあたりの話を考えてみたいと思います。


■比較が難しい

BIM(ビム)の概念の中には、建物を建てる前にCAD上でその建物を実際に造ってしまう、という考え方があります。

そうすることによって、実際の施工で問題になりそうなトラブルを抽出し、それを事前に解決しておく。

これこそがフロントローディングの基本的な考え方です。。

確かにRevit(レビット)を使って3Dモデリングをするのは、2DCADよりもコストがかかりますが……

事前に検証をしなかった場合に起こる不具合で、さらに余分なコストをかけるよりも効率的な場合も多いです。

だから、Revit(レビット)を使って3Dモデリングをする価値はありますよ、という話もある訳です。

ただし、この考え方には問題もあります。

フロントローディングを行わなかった場合に発生する不具合の数と、その解決にかかるコスト。

これが、Revit(レビット)を使って事前に検証する為にかかるコストと比較出来ない、という問題です。

確かに「干渉チェックをしない場合はここに不具合が出る」なんてことは、事前に分かるはずがありません。

そういうのは干渉チェックをしてはじめて「ここに問題があったのか」という話になる訳ですから。

干渉チェックをやった場合とやらなかった場合で、結局どちらが得だったのか、というのは分からないんですよね。

3DCADで干渉チェックを隅々までやらなくても、2DCAD上での検討で特に問題はなかった、という場合もあるんです。

だからフロントローディングを実践した場合に、どれだけのコスト的な効果が上がったのか、今ひとつ掴めない。

これは結構キツイことなんですよね。

 

■もう少し手軽に

設計と施工どちらが実行するのか曖昧で、やらなかった場合にどんな不具合があったかが明確になりにくい。

これが3DCADでの干渉チェックの問題点で、一般的になりにくい大きな理由です。

確かに効果はありそうだけど、それがどの程度のものなのかがはっきりと分からない。

そんな状態では、設計であれ施工であれ、企業が真剣になってコストをかけるのは難しいです。

では、現状では干渉チェックを実現するのが難しいのであれば、どうなれば実現しやすくなるのか。

これは以前にも書いた気がしますが、まずは3Dモデリングと図面化をもっと手軽に実行出来ること。

これが重要になってきます。

多大なコストをかけてまで干渉チェックなどを実行する、ではなくて、それがもう少し簡単に実行出来れば良いんです。

そうすれば、設計と施工のどちらが干渉チェックを実行するのかとか、そういうことを深く考えなくて済みますから。

まあ書くだけなら簡単で、実際にCADとして簡単に実行出来るようにするのは非常に難しいですけど……

それでもRevit(レビット)がもっと便利になって、干渉チェックなどが手軽に出来るようになることを期待しています。

 

このページの先頭へ