3DCADは手軽な存在になるか

Revit(レビット)を使って作成した3Dモデリングデータを利用して、干渉チェックなどを行なっていく。

これを設計がやるのか施工がやるのか。

3Dモデリングにはかなりの手間がかかる為、フロントローディングという言葉を安易に使うことは出来ません。

かと言って、後になってそういう作業をするのも効果が薄いので、出来るだけ早い段階で確認をしておきたいところです。

役割分担が明確になっていれば、もう少しスムーズに話が進むんですけど、今のところは少し曖昧な感じ。

というあたりの話を前回はしました。

もっと手軽に3Dモデリングが出来れば、どちらが干渉チェックしても特に問題にはならない訳ですが……

誰もが簡単に3Dモデリング出来る状況というのは、かなり難しいんじゃないかと思っています。

もう少し3D入力が便利になるとか、CADの機能が充実するとか、そういうレベルであれば進歩はしていきます。

そうしてRevit(レビット)が進歩するまでにも、もう少し時間が必要になってくる気がしますが。

誰でも簡単に3Dモデリングが出来るというのは、操作の性質から考えてかなり難しいことかも知れません。


■CADのスキルが一般的になる

私が若い頃にCADを教えてくれた人は、いずれCADを誰でも簡単に使えるような状況になるはず、と言う話をよくしていました。

計算機を皆が簡単に使えるのと同じような感じで、CADも手軽に誰もが使えてもおかしくない、と。

だから、CADを使えるというスキルが特別なものではなくなって、プロとしてのメリットも少なくなっていくはず。

そうなってしまうことを考えて、CAD以外のスキルをもっと頑張って身につけないとダメですよ。

そういう方向性の話でした。

CADのスキルを高めるだけでは限界がある、という話に、当時の私は色々と考えさせられたことをよく覚えています。

昔の私は、とにかく誰よりも高いCADのスキルがあれば大丈夫、と思っていたフシがありましたから。

特に操作効率というか、操作のスピードにこだわれば、大抵の人に負けないで済むと思ってました。

だからこそそういう話をされたんでしょう。

当時の私はそんなことまで考えがまわりませんでしたが、それでもそういう話は本当に役に立ったと思っています。

だからと言って、今現在使っているオートキャド(AutoCAD)を極めなくて良い、という話でもないので頑張って覚えました。

そして、実際にオートキャド(AutoCAD)を完璧にマスターした後になって、確かにCADだけで勝負するのは厳しいことも感じました。

いかに便利だと言っても、CADはあくまでも道具であって、道具だけで仕事をする訳ではないんですよね。

 

■3DCADもそうなるか

実際のところは当時私が言われたように、誰でもCADが使える状況にはなっていない、というのが正直な感想ではあります。

CADは手軽というよりもむしろ、高機能になる方向性になってしまい、誰もが簡単に使える雰囲気ではありません。

2DCADでさえ誰もが使える状況になっていないのに、3DCADを手軽になんてさらに難しい話ですよね。

だからこそ、Revit(レビット)を使いこなせるプロの価値が高くなる訳で、それは全然悪いことではありませんが。

操作が複雑だからと言ってプロが困る訳でもないので、高機能で操作が難しいのも全然OKなんです。

だけど、CADの操作が難しいことと、操作の効率が悪いことは全然意味合いが違ってきます。

Revit(レビット)にはそういう意味で、もう少し操作効率の良い機能を搭載して欲しいと思っています。

そうすれば、多少複雑な機能であっても、しっかりと使いこなして3Dモデリングをしていくんですけど。

そうして少しずつモデリングの効率と速度を上げていけば、設計と施工のどちらが干渉チェックをするかは些細な問題になるはず。

簡単に出来るから設計がやりますとか、そういう話になっていけば、手戻りも少なくなって理想的な流れに近づきます。

その為には、何度もしつこく書いていますが、やっぱりCADとしての基本的な機能を効率化していくことが大事。

結局はそんな話になってしまうんですよね。

 

このページの先頭へ