BIMの実現と施主の関係

Revit(レビット)でもっと手軽に3Dモデリングを行う為には、もう少し機能が充実して欲しい。

そんな話を前回はしましたが、BIM(ビム)の問題点とは少し違うような内容になってしまいました。

実際に使っているからだと思うんですけど、こういう要望を書き始めると、なかなか収まらりません。

でもそんな話を長々としていても、結局待つことくらいしか出来ないですから、ここで問題点についての話に戻りましょう。

ちなみに……

BIM(ビム)の問題点についてもう少し書いた後は、もっと具体的な内容に踏み込んでいければと思っています。

具体的な内容というのは、例えばファミリの使い方とか考え方についての説明とか、図面化する際の問題点とか。

もっと言うと、とことん突き詰めたらRevit(レビット)でどこまでモデリング出来るのか。

これも試してみたいところです。

私も具体的な内容をどんどん書いていく事によって、もう一度自分の知識を整理して何が足りないのかを確認したいです。

Revit(レビット)に様々な機能を要望するのに、操作する側がスキルアップを目指さないのは矛盾してますよね。

なので、今現在Revit(レビット)が持っている機能を、少なくとも全て使いこなすくらいにはなっておかないと。

と、やや自分の為みたいな面もありますけど、もっと具体的な操作について書けることを楽しみにしています。

さて、今回取り扱うBIM(ビム)の問題点は「誰のためにBIM(ビム)をやるのか」という部分です。

個人的にはこれが最大の問題点ではないかと考えています。


■ビジネスのお約束

まずは基本的なことを書きますが、建物を建てるプロジェクトは「こんな建物を建てたい」という施主の要望からスタートします。

世の中には様々なビジネスモデルがありますけど、どんなビジネスであっても結局はお客様が存在しないと始まりません。

この表現は少し反対ですね。

お客様がどんな要望をしているかを見つけること、これがビジネスに繋がると言った方が正解。

建築プロジェクトの場合は、施主が建物を建てたいという要望を持っていて、それを叶える為に設計と施工が仕事をする。

そんな流れになります。

まあここまではごく一般的なビジネスの話ですけど、その話とBIM(ビム)がどう関係していくのか。

ここからが肝心な話で……

それは、BIM(ビム)を実現する事によって、お客様である施主には何か良いことがあるのか、という話。

施主の立場から見て、設計段階でBIM(ビム)を実践することに、なにかメリットはあるのでしょうか。

先ほども書きましたが、これこそがBIM(ビム)の最大の問題点ではないか、と私は思っています。

 

■お客さんが望んでいるか

確かにBIM(ビム)の概念は素晴らしいものです。

もちろん「スムーズに実現することが出来れば」という条件は付きますけど、概念は理想的ではないかと思います。

そして、確かに設計と施工には大きな効果があると思います。

でも今のところ、2DCADで設計をする場合に較べ、3DCADで設計をする場合の方が手間がかかる状態です。

もう少し理想的に使うことが出来れば、3DCADの良いところを上手く発揮して、図面化の効率も良くなっていくはずです。

そうなれば最高なんですけどね。

しかし私の感触では、まだそこまでの段階に達していないのではないか、というしかない状態です。

手間がかかるということはつまり、2DCADで設計をする場合よりもコストがかかるということです。

そして、そのコストを最終的に支払うのは施主なんです。

そこまでしてBIM(ビム)を導入するメリットはあるのか……というのが、個人的には非常に疑問なんですよね。

この話はもう少し続きます。

 

このページの先頭へ