成功事例を聞いて思うこと

BIM(ビム)の概念は素晴らしいけれど、それを実践する為には今のところかなり手間がかかります。

その手間=コストを施主がかぶるのであれば、一番大切なお客様である施主にとって、あまりBIM(ビム)はメリットがないんじゃないか。

前回はそんな話をしてきました。

お客さんの為にならないビジネスモデルは、どんなに理想的なモデルであっても長続きしません。

なぜなら、お金を払う側がそのようなことを望まないからで、それはどんなビジネスであっても同じです。

それは、自分が建物を建てる側になったらどうなのか……というのを考えれば、何となく想像が出来るはずです。

ただし。

そうしたマイナスな事ばかりを考えていると、本当にBIM(ビム)が進歩しないというのもまた事実。

失敗を重ねながら進めていく内に、周囲を取り巻く状況が変わっているというのも良くある話です。

今回はそんな感じの、もう少し前向きな考え方で話を進めてみます。


■成功事例もあります

BIM(ビム)の概念を実現する為に、Revit(レビット)で3Dモデリングをする。

この作業は、今のところ2DCADで設計をする場合に較べると、かなり時間がかかる作業です。

時々Revit(レビット)のセミナーなどに参加すると、BIM(ビム)の成功事例について説明をしてくれる企業があります。

そうした企業は皆「図面の不整合がなくなり作図の省力化が出来ている」と口を揃えて説明をしてくれます。

そうした話を聞くと、そんな成功事例があるなら自分にも出来るんじゃないか、と思うこともあります。

でも、実際にRevit(レビット)を使っている側からすると、その話を手放しで喜べないんですよね。

どうしても、「本当にRevit(レビット)を使って省力化出来ているのかな……」と思ってしまう。

これは自分が現在そういう状態だから、疑問に思わない訳にはいかない部分なんですよね。

もちろん高い技術力を持っている企業の成功事例ですから、私のやり方とは何かが違うのでしょう。

だけど、それにしても……

2DCADと同じ程度の作業時間に抑えることが出来ました、ならまだ分かるんですけど、省力化を実現しました、なんだよなぁ。

私もさらに頑張って、Revit(レビット)で省力化は充分に可能です、ってこのサイトで書きたいですよ。

 

■進歩はしているはず

このように、Revit(レビット)で設計をすることに対して、少し否定的な意見を書くこともある私ですが……

別にRevit(レビット)のことを諦めてしまってとか、そういう訳では全然ありません。

会社がRevit(レビット)を使えと言っているから、仕方がなく使っている訳でもありません。

だから本当は、自分でやった物件で成功事例が欲しいんですよね。

これがなかなか難しいんですけど、諦めないでRevit(レビット)を使い続けていれば、少しずつスキルは上がっていきます。

地道な進歩で、スピードはゆっくりでしかないかも知れませんが、その進歩は確実なはずです。

少なくとも別のCADではそんな流れでした。

今のところRevit(レビット)では上手く行かないから挑戦しない、という意見は一見筋が通っているように聞こえます。

でも、それでは単に「Revit(レビット)をやらない理由」を探して、それを偉そうに書いているだけの話。

やらない理由なんて誰にでも簡単に見つかるもので、それを言うだけ、書くだけなんて、何もやってないのと同じです。

それではRevit(レビット)のプロとして寂しい限りなので、もっとこのサイトでも為になることを書けるようになりたいですね。

 

このページの先頭へ