建築の知識を得る為には

前回はRevit(レビット)を覚えたいのにガイドブックが出版されない、という愚痴に近い話をしてしまいました。

オートキャド(AutoCAD)みたいにユーザーが増えてくれれば、色々な展開があるのでしょう。

しかし今現在ではそんな展開を望める状況ではなさそうです。

それは私が頑張ることではなく、メーカーであるAutodeskが頑張らなくてはいけない部分です。

1ユーザーとしては、少しでもユーザーが興味を持ちやすいように、概要を説明するサイトを作ることくらいしか出来ません。

もう少し機能が洗練されれば、使う人も増えるんじゃないかと思うんですが、これもメーカーに頑張ってもらうしかありません。

あとは先日発売された、Revit(レビット)LTの安さに期待したいところです。

ちなみに、Revit(レビット)LTでは、初心者の方に優しくをモットーにしているようです。

通常版のRevit(レビット)にはない、動画でのチュートリアルが充実しているという話を聞きました。

これがあればはじめての方でも安心、みたいなニュアンスなのだと思うし、これ自体は非常に良いことだとも思いますが……

そのチュートリアルを出来るだけ早く通常版にも搭載して欲しい、というのが通常版のユーザーの本音でもあります。

さて、このあたりの話は私がどうすることも出来ない話なので、このあたりで終わりにしておいて。

Revit(レビット)を使う上で知っておきたい知識にはどんなものがあるのか、という話を今回は考えてみます。


■建築の知識も当然必要

Revit(レビット)は非常に便利なBIM(ビム)ツールですが、あくまでもツールでしかありません。

前回はガイドブックがないから覚えにくい、みたいな話をしましたが、頑張って覚えてもそれだけでは不足なんですよね。

ちょっと夢のない話だけど。

Revit(レビット)は建築系の3DCADですから、使う側に建築関連の知識がないとあまり意味がないんです。

建築関連の知識というのは色々ですが、主に建築用語についての知識と納まりについての知識ですね。

いくらRevit(レビット)の操作が早くて正確でも、その操作で表現するモデルについて知らない人では困る、ということです。

まあこれは当たり前の話ですよね。

いくら最高峰の機能を持ったCGソフトを使っても、絵が下手だったりセンスがなかったりすると良い作品は出来ませんから。

 

■納まりを知る為に

建築関連の知識については、幸いというべきか、センスが求められる次元に至るのはかなり先になります。

まずは知識だけで充分やっていけますから、色々な用語や納まりを覚えていくことが重要になってきます。

それを覚えてなおかつRevit(レビット)の操作も覚えれば、仕事をする人材としては完璧ですね。

まあどちらもそう簡単には覚えられるものではありませんが、その分だけ、覚えた後の価値は高くなるはずです。

ついでという訳ではありませんが、ここで建築関連の知識を高めるために役立つサイトを紹介してみます。

建築の納まりには色々な種類がありますが、基本的な納まりからまずは覚えていく必要があります。

そんな建築の納まりを、部位別に解説しているサイトがこちら。

 

建築の納まり図とその解説

 

まだ作成途中という感じですが、仕上げ材の特徴も合わせて説明しているので、一度読んでみることをお勧めします。

 

このページの先頭へ