見やすい図面を描くにはコツも必要

Revit(レビット)を使いこなす為には、ソフトを充分に使いこなすことにプラスして、建築の知識も必要。

前回はそんな話をしましたが、仕事をする上で専門的な知識が必要になるというのは、ごく普通のことですよね。

自分がやっている仕事の分野については、ある程度のレベルまで自分で調べて知識を増やしていく。

これは、どんな分野であれプロとしてやっていくのなら、やらなければイケナイことだと思います。

人とか会社に教えてもらうのを待っているのも、それはそれで悪くはないとは思いますが……

教える側から見ると、積極的に知識を欲している人、知識に植えている人に教えたくなるものです。

そうなると、ただ教えてもらうのを待っている人と、自分から調べて質問をしてくる人でどちらにより真剣に教えてくれるか。

これは考えるまでもないことだと思います。

教える側も人間ですから、全員に別け隔てなく公平に教えるのが当然、という話は有り得ません。

仕事に関する知識はあって邪魔になることはないので、出来るだけ積極的に高めていくことをお勧めします。


■3Dモデリングと図面

さて、少し話は変わって、Revit(レビット)を使って設計業務をする場合について考えてみると……

Revit(レビット)できっちり3Dモデリングをすると、自由に断面図を作成することが出来ます。

しかしそこで作成される断面図は、あくまでもモデリングデータの断面形状が分かるという話。

それがそのまま図面として使えるかというと、必ずしもそういう訳ではない、というのが現実です。

3Dモデリングデータに文字や寸法などを追記していき、それで始めて図面として使えるようになる訳です。

この「図面化」までRevit(レビット)がやってくれれば最高なんですけど、今のところはそこまで進んではいない状態です。

そこまでRevit(レビット)が進化したら、図面を描く仕事をする人が困ってしまいますね。

 

■図面をまとめるコツ

そんな訳で、いくらRevit(レビット)が便利な3DCADだとは言え、図面をまとめるのはまだ人の役目になります。

寸法の記入や文字の記入、図面のレイアウトなど、図面を人に見られても大丈夫な状態にするのは結構な手間がかかります。

そして、見やすい図面としてまとめる為には、それなりにコツやテクニックも知っておく必要がある訳です。

これは知識とは別の、経験がものを言う部分でもあるんですけど、見やすい図面を描く為のコツは知っておいた方が良いです。

知っているだけで作図する図面の完成度が上がる訳ではないですけど、全然知らないよりはかなり有利。

先ほども書きましたが、知識とはそういうものですから。

見やすい図面を描くためのコツやテクニックを、まずは知識として取り入れておく。

そして、その知識を実際の作図作業で試してみることで、「知っている」状態から「やったことがある」という状態にしていく訳です。

これを一般的には「経験を積む」と呼びます。

以下のサイトでは、見やすい図面を描く為のコツやテクニックが、ちょっと細かいですけど色々と書いてあります。

まずは知識を仕入れたい方で、興味のある方は読んでみると面白いですよ。

 

見やすい図面の描き方

 

このページの先頭へ